line_box_head

今年のフジやサマソニを占う? アメリカのビッグフェスがラインナップを発表。

(2015.01.11)

フェスのTOP

icon

画像

ロサンゼルスから内陸部に入ったコーチェラバレーで開催される「コーチェラ」。EDMやヨーロッパのアーティストが多いのも特長。

画像02

アメリカのワインカントリーと呼ばれるカリフォルニア州のナパで開催。ホームページでは出演するバンドのラインナップとともに、ワイナリーも紹介されている。

画像03

森に蚊もまれたキャンプ場で開催される「ワカルーサ」。キャンプ場と言っても、収容人数は4万人近くを誇る。アメリカの「大きさ」を感じられるフェスのひとつ。

 広大な土地を有するアメリカでは、温暖なマイアミなどでは冬でも野外フェスが開催されている。本格的なシーズンインは3月。それから秋まで、全米のいたるところでフェスが開催されている。

 2015年になって、次々と数万人を集めるビッグフェスのラインナップが発表されている。まずは4月にカルフォルニア州で開催される「コーチェラ」。数年前から2週連続で同じラインナップという、世界でも他に例をみないチャレンジをしているフェスだ。毎年チケットはソールドアウト。今年もチケット争奪戦が、すでにはじまっているという。この「コーチェラ」のヘッドライナーがAC/DC、ジャック・ホワイト、ドレイク。絶大な人気を誇るベテラン・ハードロックバンドからラップの新星まで、このヘッドライナーは世界を驚かせたに違いない。

 カリフォルニアの北部のナパで開催されるのが「ボトルロック」。3年前にスタートしたまだ若いフェスだ。ワインで有名なナパが会場ということもあって、ワイナリーも数多く出店するという。「ボトルロック」のヘッドライナーが、イマジン・ドラゴンズ、ノーダウト、ロバート・プラント。レッド・ツェペリンのロバート・プラントは、昨年サマーソニックに来日し、その円熟したスタイルを体験したファンも多いだろう。

 アーカンソー州の国有林に囲まれたキャンプ場で開催される「ワカルーサ」も発表された。長く、ジャムバンドをフィーチャーしたラインナップで人気を集めている「ワカルーサ」。今年は第一弾としてルーツとSTS9。ただホームページのラインナップを見ると、ヘッドライナーの3組はTBAのようだ。

 アメリカのフェスに出演するということは、日本のフェスにもバンドが関心を持っているということ。アメリカのビッグフェスに出演するバンドは、日本にも数多くやってくる。さて、今年はどんなバンドがフジロックやサマーソニックのステージに立つんだろう。そんな見方も、アメリカからにニュースには隠されている。

コーチェラ
4月10日〜12日
4月17日〜19日

ボトルロック
5月29日〜31日

ワカルーサ
6月4日〜7日

 
 
ライター
菊地崇 a.k.a.フェスおじさん

フェス、オーガニック、アウトドアといったカウンターカルチャーを起因とする文化をこよなく愛する。フェスおじさんの愛称でも親しまれている。

line_box_foot