• カルチャー

【海外】4Kで37分も!! カナダのスキー場「ウィスラー・ブラッコム」が制作した動画が楽しすぎ!

2018.02.06 Tue

 沢山の人に何かを知ってほしいと思ったとき、主力メディアとしてはインターネットが大きく注目されるようになってきました。とは言え、一大スノーリゾートがここまで高品質なムービーを無料で公開していることには驚きです。

「Whistler Blackcomb(ウィスラー・ブラッコム)」はカナダの有名なスキー場。ウィスラーとブラッコムの2つの山からなっており、ベースのウィスラー・ビレッジからはそれぞれの山にダイレクトにアクセスできます。

 ビレッジ内には高級ホテルやコンドミニアム、別荘、レストラン、バー、お土産物屋がひしめき、周囲には高級別荘地が広がります。バンクーバーの町からも2時間ほどでアクセスできるため、カナダ西海岸で最大規模のリゾートとして知られているというわけです。

 このウィスラー・ブラッコム最大の魅力はコースバリエーション。ゲレンデとしてオープンしている滑走可能エリアだけでも30平方キロメートル以上、総コース数は200を超え、全コースをただ滑るだけでも何日もかかるというレベル。そこに自然の雪を残した手付かずのスロープが、ていねいに整備されたテレインパークが、美しい自然を堪能できるクルージングルートが、そしてアスリートが自分の限界を押し広げることのできる手応えのある斜面が散りばめられています。

 滑る楽しさ、滑る喜びを一箇所にぎゅっと濃縮したウィスラー・ブラッコムは、まさに「磁力」のような見えない力で世界中の滑り手たちを引き寄せ、住まわせ、より深いスノーカルチャーが育まれているというわけです。

 何にしても、あるひとつのスノーリゾートが、これほどまでバリエーション豊かな地形、雪、遊び方を備えていることに驚きです。滑ることが好きな人なら、ここに行ってみたいと思うのは自然な流れですよね。

 残念ながらこのムービーには字幕がなく、得意の自動翻訳が使えません。が、滑りの映像は言語を超えます。ボーッと眺めているだけでも、雪の楽しさをじゅうぶんに味わうことができますよ。ぜひ!


(アイキャッチなど、画像は上記サイトから引用)

Latest Posts

Pickup Writer

ホーボージュン 全天候型アウトドアライター

菊地 崇 ライター、編集者、DJ

高橋庄太郎 山岳/アウトドアライター

森山伸也 アウトドアライター

Taro Muraishi アウトドアライター

森 勝 低山小道具研究家

A-suke BASE CAMP 店長

中島英摩 アウトドアライター

麻生弘毅 アウトドアライター、編集者

小雀陣二 アウトドアコーディネーター

滝沢守生 よろず編集制作請負

宮川 哲 アウトドアライター、編集者

林 拓郎 アウトドアライター、フォトグラファー、編集者

藤原祥弘 アウトドアライター、編集者

ふくたきともこ アウトドアライター、編集者

北村 哲 アウトドアライター、プランナー

渡辺信吾 アウトドア系野良ライター

河津慶祐 アウトドアライター、編集者

Keyword

Ranking

Recommended Posts

Akimama公式ソーシャルアカウント

# キーワードタグ一覧