line_box_head

【連載】日本のロングトレイルを歩く vol.13 ぐんま県境稜線トレイル踏破禄:第一章「俺の馬蹄形を越えてゆけ」

(2018.11.05)

カルチャーのTOP

icon

 ぐんま県境稜線トレイルを開通前にひと足お先に歩いた中島英摩さんの踏破緑。お話はいよいよ本編です。どんな旅になったのでしょうか?

▼前回のお話はこちら
【連載】日本のロングトレイルを歩く vol.12 ぐんま県境稜線トレイル踏破録:序章「ハシからハシまで行ってみよう!」


 群馬と新潟の県境のハシ『土合』から四阿山と浅間山の間である群馬と長野の県境のハシ『鳥居峠』までを繋ぐ全長約100kmのトレイル、ぐんま県境稜線トレイル。

 群馬県と新潟県、長野県は険しい山々で隔たれている。国内最強、いや最恐の県境稜線と言っても過言ではない。まだほとんど歩かれていないこの新しいロングトレイルに単独で挑む冒険に出た。

 6月某日、早朝3時、土合橋。
 わたしは根っこが折り重なるような急登に息を切らせて登っていた。

ハァ、ハァ、ハァ、

 まだ鳥達も起きていない。薄暗い森の中、聞こえるのは自分の息づかいだけだ。谷川の馬蹄形と言えば、健脚自慢ならば一度は挑戦したいと思うだろうラウンド形の縦走路だ。アップダウンが激しく、いくつもの峠を越える険しいコースながら、稜線上を歩き続け、群馬と新潟の山々を一望できる360度絶景トレイル。谷川岳から登る時計回りと白毛門から登る反時計回り。二つの選択肢がある。時計周りであれば、谷川ロープウェイを使って一気に稜線まで上がることもできる。

 わたしの冒険は、この谷川馬蹄形の反時計回りコースから始まった。

夏も冬も何度も来ている谷川なのに、登山計画書を投函する時、ちょっとドキドキした。今回のために、何日も何か月もかけて地図を広げ、指で辿ったからだ。

たった3.1km、されど3.1km。3.1kmで標高1,000m以上登る。

涼しいうちに一気に登り詰めよう

 最初が肝心、計画を立てる際にそう考えていた。なにせ、馬蹄形反時計周りは、白毛門までの登りが最初の難関となる。稜線まで2~3時間は樹林帯が続く。トレイルが次第に狭くなり、木々が低くなりだしたころに鎖場がある。岩場は濡れていた。ゴムのグローブを着けて鎖を掴み、しっかりとシューズの底をグリップさせる。

ガスガスだが、今日は晴れ予報。

白毛門に至る前の鎖場。本来であればこのあたりから景観が良い。

 ここのところ雨が続き、昨夜も小雨が降っていた。トレイルや岩は濡れていて、歩きやすいとは言えなかった。まだ空は白い。

 空を包んでいた雲が静かに麓へ流れ始めたのはちょうど白毛門に着く頃だった。太陽はすっかり昇り、頭上には青空が広がっていた。山頂には、男性がひとり。

「こんにちは!」
「どうも」

 小さなリュックサックを背負った彼はおにぎりを頬張っていた。この時間にここにいて、荷物が少ないということは、“ワンデイ”だろう。

ピッケルが埋め込まれている白毛門の山頂標識。

青空だ! やっぱり晴れてきた!

 わたしは手早く撮影を済ませ、ザックから補給食を取り出してもぐもぐしながら、山頂を去る。白毛門から朝日岳の稜線は足場が細くきわどい場所も多い。ザレたトラバースや、滑りやすい岩場あり、それでいてそれなりに細かいアップダウンがある。歩くのが速くともあまり時間を巻くことができないことを知っていた。今日は長い。白毛門や笠ヶ岳はタッチ・アンド・ゴーで通過した。

ドスッ

 朝日岳山頂で数時間ぶりにザックを下ろして、岩の上に置く。13kgが重い。汗びっしょりだ。すっかり晴れて、まだ早朝だというのに気温はずいぶん上がっていてとにかく暑かった。

テント泊装備に加え、最大7日分(6日+1日)の食料と3Lの水を担いでいた。

振り返ると歩いてきた山々のてっぺんだけが雲海に浮いている。

「こんにちは、もしかしてワンデイかな?」
「あ、はぁ、いや、縦走です」
「そうなんだ?ぼくはワンデイだからさ」

 山頂で2人目に遭遇。どうも彼も“ワンデイ”らしい。ワンデイというのは、馬蹄形を1日で踏破すること。朝早くに出発し、かなりの健脚で、荷物も軽くて、という条件が揃ってやっと実現できるくらいには難しい。日曜日だったから、泊まりの人は少ない。その後も人と会う度にワンデイワンデイと聞かれたが、メイビー ファイブ オア シックスデー、とは言えなかった。その後のルート説明が面倒すぎるからだ。

だけど今日は良い一日になる気しかしない。(朝日岳にて)

1 2 3
 
 
ライター
中島 英摩

ライター。テント泊縦走から雪山登山まで1年を通じて山に通う。趣味が高じてライターとなり、トレイルランニングの取材・執筆をメインに、国内外の長距離レースにも出場している。特技は走りながら取材すること。

line_box_foot