line_box_head

【連載】日本のロングトレイルを歩く vol.14 ぐんま県境稜線トレイル踏破録:第二章「未開の地グンマー? 新規開拓ルートに挑む」

(2018.11.22)

カルチャーのTOP

icon

 ぐんま県境稜線トレイルを開通前にひと足お先に歩いた中島英摩さんの踏破録。谷川の馬蹄形を踏破し、いよいよ核心部に向かいます。開通前のトレイルはどんな状況だったのでしょうか?

▼前回のお話はこちら
【連載】日本のロングトレイルを歩く vol.13 ぐんま県境稜線トレイル踏破録:第一章「俺の馬蹄形を越えてゆけ」


 今夏、日本に新たなロングトレイルが開通した。群馬と新潟の県境のハシ『土合』から四阿山と浅間山の間である逆側のハシ『鳥居峠』までを繋ぐ全長約100kmのトレイル、群馬県境稜線トレイルだ。開通の数ヶ月前、ロングトレイルができていくまでの山をこの目で見ようと単独で飛び込んだ。

雲間を歩く、平標へ向かう花の稜線

ミシ、ミシ、ミシ

 床が鳴る音で目が覚めた。
 昨夜はずいぶんな天気だった。強風が吹き荒れ、避難小屋ごとぶっ飛ぶかと思ったほどだ。それでも疲れ切っていたわたしは十分眠ることができた。寝袋の中で行方不明になったiPhoneを探り出し、画面を見るとまだ5時前だった。

「お先に!」

 わたしがまだ寝袋でモソモソしているというのに、同じ小屋で泊まったおじさんは早々と出ていった。扉が開くとその向こうには綺麗な稜線が見えた。

 朝食は、粉末のほうじ茶ラテに自分で作ってきたアスリート団子を入れて温めたもの。アスリート団子とはなんぞ? って? 青汁のようなMAGMAという粉末にアップルハニーという普段トレイルランニングレースなどで使っているりんごの凝縮ジェルを練り込んだ自作団子。効果は不明。でも我ながら旨い。カップラーメンなどの濃い味のものやアルファ米が朝から喉を通らないときに良い。

ほんのり甘い抹茶団子のような味。表面を軽く焼いてあるので香ばしい

 大障子避難小屋は、谷川主脈稜線の避難小屋では大きい方で、わたしの感覚では中も比較的綺麗だ。もちろん電気はないし、床は湾曲していて、風も通るけれど結構快適だった。水場に関しては稜線から少し下りたところ(往復20分)にあるらしいが、この時は笹薮が凄くて15分探しても見つからなかったので諦めた。あまり期待しない方がいいかもしれない。

 荷物をまとめ、水の残量を確認。ここで水を汲めなかったのは誤算だった。ここまで足を伸ばしてきたのは水を汲む目的もあったからだ。今日は目的地は平標山の家まで丸一日水場がない。朝からもう一度水場を探しに行くか悩んだが、昨日に比べてかなり涼しく行程もゆっくりなので、水場探しはいいやと諦めた。汗をかかないペースで歩き、水分の多いゼリー飲料などを中心に補給を取る計画とした。

 避難小屋を出ると外には雲海が広がっていた。上空に雲はあるものの、あたり一面を見渡すことができて心が躍る。静かな奥深い山の中にひとり佇む、その瞬間が好きだ。ずっとずっと向こうから歩いてきた道と、これからずっとずっと向こうまで歩く道のどまんなかにぽつんと立っている、その瞬間が大好きだ。どこまでも道が続く光景はロングトレイルの魅力のひとつだと思う。

昨日歩いてきた道

これから歩く道

 まずは、万太郎山から取り付いた。
 大障子ノ頭を経て、1時間半の登り。万太郎山から仙ノ倉山までの稜線は、ちょっとした岩場やヤセ尾根もあり、朝からピリリと気持ちが引き締まる。足元にはかわいい花がたくさん咲いている。初日はハードな行程で、正直あまり余裕がなかったことに気付く。その点今日は気が楽だ。なんだか急にルンルンしてきた。ハードでヒリヒリする山行も好きだけど、ゆるふわハイクだって好き。

黄色い花。葉っぱが特徴的。検索すれば名前わかるかな

足元がカラフル!

 花の名前っていうのはなかなか覚えられない。家に帰って調べようと思って写真を撮るけど、結局はカメラロールの肥やしになる。仕事でご一緒したベテランガイドさんで、何を聞いても必ず答えてくれるお山辞典みたいな人がいて、どうやって覚えるのかと聞いたら「ガイドを始めた若い頃はなかなか覚えられなくてね、大変だったんだけど、歳を重ねるうちになんだか花を愛でるのが好きになって、そうすると覚えるのも苦でなくなり、どんどん詳しくなったんですよ」と言っていた。

これは・・・イワカガミの一種?

お花畑のように咲き乱れる、ハクサンイチゲ?

 頭上には雲が広がり、眼下にも雲海が広がっていた。雲と雲のあいだを歩く、そんな感じ。鞍部には左から右へサラサラと雲が白糸のように流れている。時折その滝雲の中に潜り込んでは抜け出す。雲のなかは暴風で、髪がびしょ濡れになった。

万太郎山から平標方面

滝雲。中は風ビュービュー

 今日は余裕のある行程で良かった。足元は緑に覆われているけれど案外細いトレイルもあり、風も強く、こんなところを焦って歩くなどしたくない。くるりとターンして見回してもどの角度からも眺望の良いコース。じっくり楽しむのがちょうどいい。いままで足を踏み入れずに来たけれど、こんなに良いところだったんだ。

結構ほそい

風が強く、帽子を被っていられない

じっくり楽しむのが良い。マナーを守って安全最優先で

 仙ノ倉、平標と辿ると徐々に人が増えてきた。平日だけど、平標登山口からピストンするハイカーで賑わっている。熱心にお花畑にカメラを向ける人達の横を声をかけつつスタスタ歩く。

「まだかしらね」
「長いわね」

 平標山山頂から山ノ家までは、コースタイム40分だが、その多くが木段だった。延々続く木段に疲弊した女性。5mほど前に男性の姿。

「待ってくれてもいいのにねぇ、どんどん行っちゃうのよね」

 よく見る光景だ。登山は性格が出る。まだあと20分くらいあると思います、天気が崩れるのでお気をつけて、と座り込んだ女性に声をかけた。

木段の両側には小さな花がたくさん咲いていた

 かなりゆっくり歩いたつもりだったけれど、12時半頃には平標山の家に着いた。今日は満員らしい。小さな小屋だけれど、避難小屋が隣接していて安価で利用できる。 休日には小屋はもちろん、避難小屋もテント場もギュウギュウになるらしい。避難小屋という名前が似合わないほど立派な小屋で、床板はピカピカに磨かれ、自炊用のテーブルやイス、更衣用のカーテンもある。トイレが直結していて、外に出なくても良い。わたしのバックパックが小さいからか、「避難小屋、寒いよ?大丈夫?」とご主人が心配してくれたが、わたしはその綺麗さに感動しっぱなしだ。

ピカピカの避難小屋でゴロゴロする最高のひととき

 外にはドバドバと水が出ている。しかもすごく美味しい。昨夜から今まで、少ない水で乗り切ったからグビグビ飲んで喉を潤した。ラッキーなことに、避難小屋泊はわたしひとり。2日間の疲れを癒すべく、ストレッチをしたり、念願のビールを飲みながら読書をしたりして過ごした。

 17時半にはもうウトウトしていたけれど、夜には天気が荒れ始めて気温が下がり、次第に床の冷たさも相まってどうも寒くなり、やせ我慢しなくたっていいかと思って結局マットと寝袋をレンタルした。「ほら~」と笑って貸してくださって、ぬくぬくしながら眠りについた。小屋の方の言うことは間違いない。

1 2 3
 
 
ライター
中島 英摩

ライター。テント泊縦走から雪山登山まで1年を通じて山に通う。趣味が高じてライターとなり、トレイルランニングの取材・執筆をメインに、国内外の長距離レースにも出場している。特技は走りながら取材すること。

line_box_foot