line_box_head

DILL流 21日間で340kmを歩いたロングトレイルでの食事情

(2016.06.20)

ごはんのTOP

icon

『DILL eat,life.』はアウトドア好きの
山戸夫妻が切り盛りする八ヶ岳南麓の食堂。
連載第5回目となる今回はオーナーシェフであり、
料理研究家の山戸ユカさんによる米国ロングトレイルでの食について。

 みなさんこんにちは。「DILL eat,life.」の山戸ユカです。

 今年は猛暑になるとの予想が出ているようですが、今年はどんな山に登ろうと考えていますか?

 今まで手作り行動食のレシピをいくつかご紹介してきました。なるべく添加物の入ったものを食べたくない私たちにとって(しかもオーガニックスーパーなどない田舎暮らしということもあり)食べたいものは自分で作るというのは当たり前のことになっています。

 行動食同様に山での食事も私たちはインスタントラーメンなどはあまり食べられないので(お腹が壊れちゃうから山では死活問題)、重いのを覚悟で野菜やら豆やらを担いで登る羽目になるのですが、着替えのTシャツを削ってでも野菜を持っていきたいと思ってしまう根っからの食いしん坊なこともあり、さほど苦にも思わず山での料理を楽しんでいます。

 普段は日帰りや1〜2泊程度山行が多いので、食事計画はさほどシビアに考えずとも食べたいものを食べたいだけ(持てるだけ)持っていけばよいのですが、1週間の縦走ともなれば話は別で、持てる食材のなかで栄養価やエネルギーのことも考えながらやりくりしなければなりません。

 そしてそれが3週間になったら……。

 2012年秋に私たちはアメリカのジョンミーアトレイル(以下JMT) 340キロを21日間かけて踏破しました。

 21日間で食料が調達できるのは3日目と5日目の小さな売店と、10日目に事前に自分宛に送っておいた荷物をピックアップするのみ。前半の売店はどの程度の食料が調達できるのかわからなかったため、実際には10日分の食料をすべてザックに詰め込んで歩くことにしました。

 JMTではクマがハイカーの食料を狙うという被害が相次いでいたため、ベアキャニスター(通称クマ缶)という強化プラスチック製の巨大な容器の携行が義務付けられており、食料はもちろん匂いの出る日焼け止めやリップクリームなんかもこの中に入れ、さらに寝るときにはテントから少し離れた場所に置かなければなりません。

 しかしこのクマ缶が意外に曲者……。

 とにかくザックの中での収まりが悪い!! 縦に入れても横にしてみてもなんだかしっくりこない。21日間毎日出してしまってを繰り返しても結局いい収納方法は見つからず、とりあえず先にクマ缶を入れて、隙間にダウンやら着替えをギュウギュウ詰め込む方式に落ち着きました(途中パッキングするのが面倒なのか、クマ缶を抱えて歩いているツワモノも見かけました 笑)

 さて私たちがJMTで何を食べていたかという話に移ります。

1 2
 
 
ライター
DILL eat,life.山戸浩介・ユカ夫妻

八ヶ岳南麓の食堂『DILL eat,life.』のオーナーである山戸夫妻。アウトドアの輸入代理店のスタッフだった浩介さんと料理研究家のユカさんが、食を中心とした山での暮らしや遊びの提案を行なっている。http://dilleatlife.com

line_box_foot