line_box_head

自然の王国ノルウェーを「3泊5日」で満喫できるなんて。ムンク、見に行きます!?

(2016.11.18)

アウトドアのTOP

icon

「Akimama×NORWAY」の小特集、先日の第2回「ノルウェー人のアウトドア哲学」に続いての第3回目はより具体的にノルウェーに行くためのHow toをご紹介!! なんと「自然の王国ノルウェーを3泊5日で」満喫できるなんて!! え〜それなら行けちゃいそうなんですけど。ホントに。
  

 ノルウェーのアウトドア事情を探るべくAkimamaから現地に派遣された筆者。その行程は3泊5日という弾丸!(涙)

 ノルウェーまで行くのに現地滞在3日だけ!? と私自身が思っていたわけですが、それがその実、かなり満喫できちゃいました。

「休日と合わせて、会社を3日だけ休めばいいなら行けるな」というお勤めの方も、「ばあば、子どもをお願い!」という人(私ですが)もいるはずですので、ここで旅の行程をご紹介したいと思います。

*****

 古都ベルゲンからノルウェーに入り、フィヨルドの谷間を進む船や、絶景の車窓が続く山岳鉄道を乗り継ぎながら首都オスロをめざす旅。移動そのものを楽しみつつ、自然の王国ノルウェーを気軽に体験できちゃうルートがあるんです。

 キーンと澄んだ空気のノルウェーまで行けば転地効果も抜群。自然好きな人が3泊5日で最大限にリフレッシュできるプランです。
旅行のハイシーズンが終わった秋は混雑もなく、静かなフィヨルドが楽しめます。冬季には閉鎖するルートもあるなかで、このルートは年中開通

  

【1日目】
 まずは日本からノルウェー第2の都市ベルゲンまでの移動。日本から直行便はないので、ヨーロッパのどこかの空港一箇所で乗り換え。スカンジナビア航空、KLMオランダ航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、ルフトハンザ航空などを利用すれば、同日に現地到着が可能に。今回利用したのはスカンジナビア航空の以下の便です。

成田11:40発→コペンハーゲン16:05着(SK984)
コペンハーゲン21:00→ベルゲン22:20着(SK2870)

*ベルゲン泊
空港では「Welcome to nature」とノローナの看板がお出迎え 

【2日目】
 午前中はベルゲンのシンボル的な山・フロイエン山でマウンテンバイクやカヌーの自然遊び。午後にフィヨルドをめざし、移動を開始。

ベルゲン 13:58発
 ↓国鉄(約1時間15分間)
ヴォス
 ↓バス(約50分間)
グドヴァンゲン
 ↓フィヨルドクルーズ(約2時間)
フロム 19:30着
 暖炉を囲むビアバーで乾杯!

*フロム泊
(左上)半日のフリータイムでも自然遊びを体験したベルゲン。自然までのアクセスがとても短いからこそ。(右上)世界遺産ネーロイフィヨルドを通るクルーズ。取材に訪れた10月上旬には黄葉が楽しめました。(右下)フィヨルドのクルーズ船は音もなくスーッと水面を進む最新鋭。ガソリンに頼らないハイブリッド船で、電力は水力発電を利用。(左下)イケメン船員さんも常務
2日目の宿泊地フロムにはクラフトビール醸造所が併設するビアバー、Ægir BryggeriPub(エーグル・ブリッゲリパブ)があります。クラフトビールの飲み比べセットとトナカイ肉のサラミを注文。火を囲んで飲むお酒はなんでこんなにおいしいのでしょう

1 2 3
 
 
ライター
小宮華寿子

旅行・アウトドア関連の出版社勤務を経て、フリーランスの編集者に。育ち盛りの2男1女の肝っ玉かあさん。ひとりでも子連れでも世界を歩き、オーストラリアとブラジルを含む引っ越し歴はなんと16回。次はどこの国に暮らすか考え中。著書に『ブラジルの手しごと』(メイツ出版)がある。

line_box_foot