line_box_head

これがノルウェーの山の常識? 無人小屋の「鍵」を借りて山へ登る

(2016.11.22)

登山のTOP

icon

「Akimama×NORWAY」の小特集、先日の第3回「自然の王国ノルウェーを3泊5日で」に続いての最終回は、いよいよ山登りの話。ノルウェーでは「無人小屋の鍵を借りて山へ登る」のが、山の常識!? ノルウェートレッキング協会、やりますねー。
赤いTの字はノルウェートレッキング協会による道しるべ。©Anders Gjengedal
        
 ノルウェートレッキング協会。その存在は知っていましたが、なんとなく敷居が高いような気がしていました。ましてやここは、アウトドア大国ノルウェーですし。その頂点にある協会の人っていったら、ヴァイキングみたいな屈強な男の人のイメージ。

 だからまずは、外からそおっと覗いてみました。オスロにあるノルウェートレッキング協会のインフォメーション。
オスロ大聖堂近くにあるノルウェートレッキング協会のインフォメーション
 なんだかおしゃれ~。木のぬくもりあるインテリアが北欧っぽ~い。これなら中に入れそう。すると「なにか手伝う?」って、これまたお兄さんの物腰やわらか~。なんだ、ぜんぜんコワくなかった!
(左)若い人がトレッキングの相談に。トレッキングファンの裾野の広さも感じました。(右)センター内にはパンフレットが数多く並んでいて情報収集にはとっても便利。座って読んだり作戦を練ったりできるスペースもあります  
 ノルウェートレッキング協会(Den Norske Turistforening/略してDNT)はノルウェー全国の地方山岳団体を統括する組織で、その会員数は約26万人。

 協会がこれまでにマークしたトレッキングルートは20,000km、スキーコースは7,000㎞におよび、ボランティアの人たちとともに整備を続けています。

1 2 3
 
 
ライター
小宮華寿子

旅行・アウトドア関連の出版社勤務を経て、フリーランスの編集者に。育ち盛りの2男1女の肝っ玉かあさん。ひとりでも子連れでも世界を歩き、オーストラリアとブラジルを含む引っ越し歴はなんと16回。次はどこの国に暮らすか考え中。著書に『ブラジルの手しごと』(メイツ出版)がある。

line_box_foot