line_box_head

今年のフジロックは八代亜紀に注目! 演歌とロックとアウトドア!? ルーツは同じカウンター

(2016.07.15)

フェスのTOP

icon

画像

八代亜紀が歌い続けてきた日本人の心「歌謡ブルース」 アメリカの心を歌い継いできた「BLUES」 ジャンルを超えた二つのブルースのカバー曲に、 THE BAWDIES・横山 剣(CRAZY KEN BAND)・中村 中提供の新曲を加えた、寺岡呼人プロデュースによる初のブルースアルバム。 ¥3,000

 今年のフジロックの出演者リストをあらためて見直し、驚いた。八代亜紀が初出演するのである。ネット検索すると、意見を述べている輩がいた。おもにロッカーで、ほぼ一様に「演歌の大御所がフジロックに」という驚きを表明している。
だが……。

 今年の3月23日、超党派の議員によって「演歌・歌謡曲を応援する国会議員の会」が結成された。新聞報道によれば、日本の伝統を歌う演歌が、最近は人気が落ちてしまっているので、日本の心を大切にする意味でも演歌の復活を応援していかなくてはいけない。というのだが、何とも情けないと思った。そもそも、浮世の常のごとく、流行っては廃れ、廃れては復活していくのがポップ・ミュージックだ。そのいちジャンルを、国会議員が応援するなんてことが起こっていいのだろうか。会の国会議員とともに結成集会に加わった杉良太郎、瀬川瑛子、山本譲二、コロッケといった面々が、過去の栄光を求め、もう一度はなばなしく稼がせてと泣きついているように見えた。とはいえ、報道で取り沙汰された「演歌=日本の伝統」には、あまり違和感を感じなかった。
だが……。

 演歌歌手と国会議員の結びつきが報道されるなかで、朝日新聞が興味深い記事を書いていた。その記事の核になっていたのは、『創られた「日本の心」神話「演歌」をめぐる戦後大衆音楽史』(光文社新書)だ。さっそく買い込み、読んだ。これがおもしろい。著者は1974年生まれの新進気鋭のポップ・ミュージック研究者、大阪大学准教授の輪島裕介である。同書は彼の処女作。2011年に新書大賞、サントリー学芸賞(芸術・文学部門)を獲った。タイトルを見ての通り、「演歌=日本の伝統」に異議を唱えているのである。そして、演歌(ときに艶歌とも書かれてきた)という歌謡は、「演説の歌」の意味で明治に始まった大衆芸能で、昭和の初めに衰退してしまったが、1960年代になり、別の文脈から再び立ち上がったのだという。この演歌再興の時期を語るのに、輪島は、1966年に出た五木寛之の小説『艶歌』を挙げる。音楽プロデューサーを主人公にしたこの作品で、五木は艶歌を「庶民の口にできない怨念、悲傷を艶なる詩曲に転じて歌う」歌だといい、「貧しさ」「不幸」「怨念」「情念」に「日本人のアイデンティティ」「日本人の魂」と断じていったという。
さて……。

1 2
 
 
ライター
藍野裕之

(あいの・ひろゆき)1962年、東京都生まれ。文芸や民芸などをはじめ、日本の自然民俗文化などに造詣が深く、フィールド・ワークとして、長年にわたり南太平洋の海洋考古学をテーマに活動、ハワイやポリネシアなどの民俗学にも精通する。著書に『梅棹忠夫–限りない未知への情熱』(山と溪谷社)『ずっと使いたい和の生活道具』(地球丸刊)がある。

line_box_foot