line_box_head

豪華賞品が当たる! アキママアンケート第3弾「おしえてみんなのフジロック」

(2016.04.09)

フェスのTOP

icon


 今年、開催20回目を迎えるフジロックフェスティバルでは、これまで長年にわたり、多くの来場者を迎えてきた。先日も、アキママで募集告知を行なったように、初開催された97年から昨年まで、19回すべてに参加している皆勤賞のツワモノから、昨年はじめてフジロックにデビューしたというルーキー、そして子育ても一段落し、ようやく十何年ぶりに親子でカムバックしたファミリーまで、世代を超えた多くのファンによってフジロックは支えられてきたと言ってもいいだろう。

 また、フジロックフェスティバルで毎年発行しているオフィシャルフリーマガジン『Festival Echo』も、今年で発行13年を数えることとなった。発行当時はまだ、野外フェスが、今日のようにアウトドアのひとつのジャンル、アクティビティとして、業界からもまったく認知されていなかったのだが、いち早くそのルーツに気づいた主要ブランドとともに『Festival Echo』を発行するというフジロックの先進的な取り組みが、日本のアウトドアマーケットの裾野を広げ、その後の、若者のアウトドアファッションブームや山ガールといった登山ブームのきっかけともなったのである。

 そこで今回アキママでは、『Festival Echo』との共同企画で「おしえてみんなのフジロック」というアンケート企画を開催する。これまで何度か行った人から、まったく行ったことがない人、そして、今年初めて行くという人などなど、多くのフジロックファンだけでなく、アキママを見ているアウトドアユーザーにも、フジロックフェスティバルに対する意識調査を行なってみようというもの。

 これまでフジロックに、言いたかったこと、または期待することなどなど、忌憚のないご意見含め、ドシドシお答え下さい。アンケートの結果は責任を持ってお伝えはしますが、そこはフジロック。どんな結果になるのかは、乞うご期待! もちろん、答えてくれた読者には、フジロックの協力サポーターでもあるアウトドアブランドの豪華なフェスグッズが抽選で20名様にあたります。プレゼントの詳細は後日発表しますのでお楽しみに!!。

 ぜひこの機会に、アンケートにお答え下さい。お答えいただいた方の中でピンと来た方には、編集部からインタビューさせていていただくこともあるかもしれません。
(写真=宇宙大使☆スター)

アンケートは以下のA、B、C、Dの中からお選びいただき、お答え下さい。それぞれのアンケートフォームにとびます!

A〈今年はじめて行く人〉【ハジメテ編】

B〈過去に1回だけ行ったことがある人〉【カコイチ編】

C〈過去に何度も行ったことがある人〉【フクスウ編】

D〈行ったことがない人〉【ミタイケン編】

 

 
 
ライター
滝沢守生(タキザー)

本サイト『Akimama』の配信をはじめ、野外イベントの運営制作を行なう「キャンプよろず相談所」を主宰する株式会社ヨンロクニ代表。学生時代より長年にわたり、国内外で登山活動を展開し、その後、専門出版社である山と溪谷社に入社。『山と溪谷』『Outdoor』『Rock & Snow』などの雑誌編集に携わった後、独立し、現在に至る。

line_box_foot