line_box_head

toeのベーシスト、山根さとしさんが代官山にセレクトショップをオープン!

(2014.12.26)

ファッションのTOP

icon

画像

ものを生み、育て、使っていく。その根源としての存在するショップになることを願い、「ROOT」というショップ名が名付けられた

画像02

Ficoutureの主力のバッグ。そしてインナーダウンベスト。素材などのクオリティも高水準でファッションセンスも高い。

画像03

ショップは代官山の八幡通り沿い。山根さんが海外に旅した際に見つけたグッズもセレクトされている。

画像04

SO farというファッションブランドも手がけている山根さん。メンズは山根さんが、レディースはパートナーの春山さんが担っている。

 日本を代表するインストバンドとして、海外でも人気が高いtoe。毎年のように、海外ツアーを行なっている。2012年には、フジロックのグリーンステージに登場。数万人のファンをライブで魅了した。

 そのtoeのメンバーである山根さとしさんは、ミュージシャンではなくもうひとつの顔を持っている。<Ficouture(フィクチュール>というブランドのデザイナーでありオーナー。「あなたの日常をちょっとだけ幸せに」をコンセプトに、トラベル、ルーム、アウトドアをカテゴリーに、バッグなどのファッション雑貨とウェアをラインナップするブランドだ。

 センスの良さとクオリティの高さ、そして使い勝手のいいアイデアが詰まったアイテムは、ストリートはもちろん、フェスシーンでも注目を集めている。<Ficouture(フィクチュール>がスタートしたのは5年前。

「自分たちが作ったものを自分たちで売るということが当たり前だと思っていたので、5年でショップを持つことを当初から目標としていました。自分たちの想いをダイレクトに、そしてトータルに表現できるのがショップなんですよね」と語る山根さん。

 ショップの名前は<ROOT>。ものを育て、大切に使う。その根源として存在するショップ。そんな想いを抱いて名前が付けられたという。

「ショップに来る。そして実際にものを手にする。その出逢いや感じる気持ちって大切ですよね。近くまで来たから遊びに行こう。それがショップの原点だと思います。そんなショップに、みなさんと育てていきたいですね」

 音楽はオーディエンスにダイレクトに伝わっていく。ファッションも音楽と同じようにダイレクトに伝えていきたいという。山根さんにとっては、音楽もファッションも、自分を表現するためのファクターのひとつなのだ。根っこを大切にして幹を太くしていく。その木にはいろんな生きものが集う。そんなショップに<ROOT>はなっていくのに違いない。

(写真=伊藤 郁(wacca))

ROOT
東京都渋谷区猿楽町45
☎03-6452-5867

 
 
ライター
菊地崇 a.k.a.フェスおじさん

フェス、オーガニック、アウトドアといったカウンターカルチャーを起因とする文化をこよなく愛する。フェスおじさんの愛称でも親しまれている。

line_box_foot