• カルチャー

【海外】荷物の詰め方を短くサクッとまとめました。4分でわかる上手なパッキングのポイント

2018.05.15 Tue

多くの方にとっては「何を今さら」だとは思いますが、バックパッキングシーズン到来の今、もう一回おさらいしておきましょう。

アメリカのシェラデザインズ(Sierra Designs)がシリーズとして公開しているのは山岳ガイドのアンドリュー・スクルカ(Andrew Skurka)さんが教えるバックパッキングのコツ。毎回テーマを絞って要点だけをサクッと話してくれる、とても見やすい動画です。

今回ご紹介するのは「荷物の詰め方」。重いものは上に、軽いものは下に、って基本事項は知っていたとしても、それを「いかに効率よく実現するか」という方法論までを学ぶ機会は少ないかもしれません。

アンドリューさん曰く、
「最も大事なのは整理整頓と、いかに取り出しやすいか。次いで、重量配分」
だそうです。そのために、荷物は使用頻度に応じて入れ分けます。
 基本的な分類は3つ
1)夜まで使わないもの→バックパックの底に
2)昼間使うけど頻度は高くないもの→バックパックの中。上の方
3)昼間よく使うもの→雨蓋など、パックを開けなくてもアクセスできるところ
です。
 その上で、食料や水といった重いものはなるべく背中に近づけながら、左右の重さのバランスを取ってやります。

アンドリューさんはこうした原則をスマートに実現するため、スタッフバッグを使っています。細かい荷物もグループごとにまとめて、大きな塊にしてパックに詰める。こうすれば荷物の偏りも防ぐことができますし、目的の荷物に一発でアクセスできます。それに何よりも整理整頓が行き届くので、忘れ物がありません。そしてパッキングの時、防水のための工夫をしている点にも注目。しかもそれが重量よりも丈夫さを優先しているあたり、現場感に溢れていていい感じですね。

他の人がパッキングする様子を見ることはあまりありません。それが山に慣れたガイドさんになればなおのこと。短い動画ですが、そこかしこに役立つコツが散りばめられています。例によって字幕オンの自動翻訳でお楽しみください。

How to pack a backpack: Organization & load distribution

(アイキャッチなど、画像は上記サイトから引用)

Latest Posts

Pickup Writer

ホーボージュン 全天候型アウトドアライター

菊地崇 a.k.a.フェスおじさん ライター、編集者、DJ

高橋庄太郎 山岳/アウトドアライター

森山伸也 アウトドアライター

Muraishi Taro アウトドアライター

森 勝 低山小道具研究家

A-suke BASE CAMP 店長

中島英摩 アウトドアライター

麻生弘毅 アウトドアライター、編集者

小雀陣二 アウトドアコーディネーター

滝沢守生(タキザー) よろず編集制作請負

宮川 哲 アウトドアライター、編集者

林 拓郎 アウトドアライター、フォトグラファー、編集者

藤原祥弘 アウトドアライター、編集者

ふくたきともこ アウトドアライター、編集者

北村 哲 アウトドアライター、プランナー

渡辺信吾 アウトドア系野良ライター

河津慶祐 アウトドアライター、編集者

Keyword

Ranking

Recommended Posts

Akimama公式ソーシャルアカウント

# キーワードタグ一覧