• 道具

うちのお庭がジャングルに! 自宅から徒歩1秒の秘境探検。with「魚露目8号」

2013.04.21 Sun

藤原祥弘

藤原祥弘 アウトドアライター、編集者

 全てが既知になりつつある現代にあって、「どこに、何を明らかにしにいくのか」は探検家にとって大きな問題だ。

 挑戦するべき課題はやりつくされ、衛星画像によって地表のすべては明らかにされてしまった。グーグルアースさえあれば、資金も特別な技術もなしにアマゾンのジャングルから南極の大氷原、アフリカのサバンナでもワンクリックで横断できる。

 現代に処女地はなくなってしまった。これからの探険・冒険は既に知られた土地や課題を、より掘り下げたテーマや手段に限定して行なうほかない。

 どこへ出かけても誰かの探険の焼き直しになるのなら、いっそよく知っている場所に冒険に出てはどうだろう? たとえば、自宅の庭。

 探検に備えて手に入れるべきアイテムの名は「魚露目8号」。カメラの対物レンズの前に装着するコンバーションレンズだ。特筆すべきはその性能。対象までの焦点距離は数ミリ~無限遠、写し撮れる画角はなんと180°! ひとことでいえば、「アリの視点で見た世界」を写し撮れるレンズだ。

 魚露目8号を通して見れば、見慣れた庭が一瞬で大変身。巨大シダが生い茂り、ナウシカばりの蟲がうごめくジャングルになる。

 さあ、ニワカ探検家たちよ、1万円を握りしめてアマゾンでポチれ。
 今、秘境は庭にある。
                                                                              

魚露目8号+標準アダプタ 10,800円
販売元 FIT TEL 0266-26-1400

(文=藤原祥弘)

Latest Posts

Pickup Writer

ホーボージュン 全天候型アウトドアライター

菊地崇 a.k.a.フェスおじさん ライター、編集者、DJ

高橋庄太郎 山岳/アウトドアライター

森山伸也 アウトドアライター

Muraishi Taro アウトドアライター

森 勝 低山小道具研究家

A-suke BASE CAMP 店長

中島英摩 アウトドアライター

麻生弘毅 アウトドアライター、編集者

小雀陣二 アウトドアコーディネーター

滝沢守生(タキザー) よろず編集制作請負

宮川 哲 アウトドアライター、編集者

林 拓郎 アウトドアライター、フォトグラファー、編集者

藤原祥弘 アウトドアライター、編集者

ふくたきともこ アウトドアライター、編集者

北村 哲 アウトドアライター、プランナー

渡辺信吾 アウトドア系野良ライター

河津慶祐 アウトドアライター、編集者

Keyword

Ranking

Recommended Posts

Akimama公式ソーシャルアカウント

# キーワードタグ一覧