line_box_head

【A kimamaリサーチ企画】豪華80点の賞品解説 GREGORY「JADE38」の巻

(2013.12.07)

道具のTOP

icon

JADE38

使い手を選ばないシンプルな女性用中型バックパック。背面のベンチレーションシステムが人気を後押ししている

ベンチレーション

荷重移動効率を下げることなく、背面部に空気が流れるような通気性を実現しました

 今月12月1日から、Akimama初のリサーチ企画「Akimamaリサーチ vol.1 おしえてみんなのアウトドア」がスタートしています。濃密なアンケートにお答えいただいた方のなかから、抽選で80名に賞品が当たる!というもの。正直、ここまで豪華な賞品ラインナップになると編集部も想像していなかっただけに(メーカーのみなさま、ありがとうございます!)、せっかくなので同時進行で賞品をいろいろと解説していこうと思います。

ーーーーーー

GREGORY/JADE38 Women's

 小屋泊まりの縦走から、荷物の増える秋〜冬の1dayトレッキング、そのほか野外フェスやバックパッキングの旅など、マルチパーパスとしておすすめなのが、容量38リットルの中型女性用バックパック「JADE38」です。筒状の一気室のメイン荷室と、大きなフロントポケット、雨ぶた……と構造はとてもベーシックで、収納を迷うことがありません。サイドのメッシュポケットはドリンクボトルの出し入れもしやすく、濡れたタオルといったものを一時的に入れておくスペースとしても重宝します。
 
 なにより、このモデルの特徴は「CrossFlo™ DTS」と呼ばれる背面のサスペンションを備えているということ。荷物の重みはしっかりと支えながらも、背面部に適度な空間を作ることで、左右から空気が流れるような通気性を実現。湿度たっぷりの林間歩きから、炎天下の汗ばむ陽気まで、冷涼な背負い心地が得られる……と、売れに売れたモデルです。

 また女性の骨盤や肩幅、バストのラインに合わせてショルダーハーネスやウェストベルトも専用にデザイン。男性用(ユニセックス)で作られたモデルが圧倒的に多いなか、数少ない女性専用モデルは貴重です。荷物が重くなればなるほど、GREGORYの考える「背負い心地」が体感できることになるでしょう。

 山デビューから、サブパックとしてまで、使う女性を選ばないベーシックな製品です。

 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot