line_box_head

どストレートなネーミングながら、使い途はいろいろ「ロゴス焼きそばシート」

(2014.04.20)

道具のTOP

icon

ロゴス焼きそばシート

焼き網に巻くだけで鉄板(アルミだけど)に早変わり!写真のように半分・半分で使ってもいい

画像02

厚さはなんと0.04mm。一般的なアルミホイルの約4倍の厚さ。

画像03

幅は約30cm、長さ約6mで好きな長さにカットして使える。鉄板以外の用途にももちろん使える

 ロゴスのBBQ用製品には個人的にかなり気に入っている製品があります。ヤシガラの成形炭「エコココロゴス」とか、「岩塩プレート」とか。もちろん愛用しています。そしてまたまたグッとくる商品が発売されました。それが「ロゴス 焼きそばシート」という、どストレートなネーミングのこいつです。

 BBQといえば、焼き網つかってお肉や野菜の炭火焼き、からの鉄板での焼きそば、ってのが定番っちゃあ定番。でも鉄板重いんですよね〜。それに焦げ付いた鉄板って洗うのもタイヘン。しかぁし、この焼きそばシートを使えば、手持ちの焼き網が鉄板(アルミだけど)にトランスフォーム! 焼きそばはもちろんチャンチャン焼きとかもできますね。しかも後片付けは丸めて資源ゴミに捨てるだけ(食べ残しはちゃんと生ゴミにね)。

 その秘密は、厚さ約0.04mmの極厚アルミホイルということ。一般的なアルミホイルが0.01mmぐらいですから約4倍の厚さ。丈夫で破れにくく炭火の火力にも耐えられる厚さなのです。

 「な〜んだ、ただ厚いだけのアルミホイルじゃん」

 は、はい、その通り。
 しかしこれがありそうでなかったんですよ、この厚さのアルミホイル。

 幅は約30cmで長さ6mですので、使い方によりますが、10回ぐらいは使えそうです。成型されたアルミのプレートが100円均一ショップとかで売ってますが、10回使えるとしたらこちらの方がお得。しかも形が自由に変えられるからどんなサイズのグリルにも使えるんです。

 それにプレートとして使うだけじゃなく、ホイル包み焼きにも使えます。一般的にホイル包み焼きする場合は破れて漏れないように二重包みするところ、これなら一重で大丈夫。焼いたステーキを包んでに余熱与える時にもこの厚さは重宝しそう。外にもいろいろと活用できそうな場面がありそうです。

 いざとなったらエマージェンシーシート代わりにも使える! かどうかは定かではありませんが……。
 今度、試してみようかな。


■製品情報
LOGOS 焼きそばシート
価格:890円(税別)
総重量:(約)300g
シート幅:(約)30cm  
シート長:(約)6m 
シート厚:(約)0.04mm(40マイクロメートル)
主素材:アルミ箔

■お問い合わせ
株式会社ロゴスコーポレーション
コンシューマ係
TEL.06-6681-8204

 
 
ライター
渡辺信吾

アウトドア系野良ライター。デザイナー、Webディレクター、コーディネーターとしても活動中。波乗り、雪乗りで一年中真っ黒。 ホームページ「NORA」

line_box_foot