line_box_head

使うのはコンビニ食材のみ!新生「ものぐさ男の山ごはん㉝」は秋山登山の昼を盛り上げるズズズっと美味しい1品

(2018.11.08)

ごはんのTOP

icon

みなさん、こんにちは。「BASE CAMP」のA-sukeです。
ソロでの軽いハイクだと朝イチ電車に乗る前にコンビニで昼ごはん買う人も多いと思うんだけど、温かい食事を山で食べたくない?ってことで「コンビニ食材を利用した山ごはんレシピを紹介していこう」というのがこの連載。

 前回まではコンビニおにぎりを使った超かんたんレシピの連載でしたが、コンビニおにぎりはひと段落。 今月から「コンビニ食材」ということで今まで以上に幅広いレシピを提供していけたらと思っています。

 さて、おにぎりの宿命でコメものから離れられませんでしたから、やっぱりやりたいのは麺類でしょう。
 
 ということで今回使う食材はコチラ。 全部セブンイレブンでそろえてみました。実際はそうめんと麻婆豆腐の素が重要なのです。
 そうめんはすぐに煮えるだけでなく、じつは高カロリーで山向きなのです。 麻婆豆腐の素は使えるかな?と思ったらこれが使えるわけです。 

 実際にもっていくのは以下の通りでもっと小型軽量化できるわけです。そうめんはすぐ折れちゃうから工夫してもっていかないとだけど、それはどんな乾麺もおおむね一緒。 マーボーの素はふたつ入りなのでひとつだとこんなに小さい。しかもフランクフルトにマスタードとケチャップをいっぺんに塗るあのパッケージなので手も汚れなければ液だれもほとんどない! 

 で、肝心の作り方ですが……。

 まずは300㏄ほどの水を沸騰させてサラダチキンを入れてほぐします。 冷たいチキンを温める意味で先に入れますが、味わいとしてはあとでもかまいません。 

 再び沸騰したら……そうめんを入れます。 
 このとき、味は変わらないけど半分に折ってしまうと魅力が半減。 

 ここでは「SOTOナビゲータークックシステム」のクッカー(大)を使っていますが、大きな面積を持つコッヘルなどはそうめんをそのまま茹でられて便利。 ちなみに麺を茹でるのにはフライパンという選択もアリ。モンベルの「アルパインフライパン」は高さもあって愛用しています。

 麺をほぐしながら麻婆豆腐の素を入れて……。

 ネギを半分入れて麺が煮えたら……。
 残りのネギを上にどっさり載せてゴマ振って完成!  四川風にゅうめんって感じでしょうか? 
 ゆで汁そのままなこともあって、いい具合にとろみもついてて寒い冬にもおいしそう! ピリリと辛いけど優しい味わいです。 ボリュームも満点。正直サラダチキンとネギは多すぎる感じもするので、2人で分けるとか2人前作るとかでもいいかもね。
 
 あとは少し寂しけどネギだけは乾燥ネギにするとか、サラダチキン&ネギじゃなくて先月紹介した「蒸し鶏とザーサイ」にするとか、具は各自で工夫できる余地がありまくりだからいろいろ試してみてね! 
 
 あ、そうそう。 ゴミもこんな感じでまとめられて少ないですよ! おにぎりを卒業して、あらためてコンビニを見渡すと使える食材がたくさん! ということで、次回は何を作ろうかな。お楽しみに!

(文・写真=BASE CAMP A-suke)

 
 
ライター
A-suke

アウトドアをコンセプトにした東京水道橋のカフェ「BASE CAMP」店長。 アウトドア料理関連の仕事の他にもワークショップ、グッズの企画/デザイン、イベント出典など、活動は多岐。ハンティングやフライフィッシングなど狩猟採集にも精通し、食とアウトドアを結ぶさまざまな遊びを提案中!http://www.cafe-basecamp.com/

line_box_foot