line_box_head

【海外】高い天井と、テント同士を連結できる拡張性!居住性を追求した立方体テント「Qube Tents」

(2017.04.04)

道具のTOP

icon

豪雨や暴風には向かないかもしれませんが、立って着替えができるほどのゆったりした空間を確保できる、という点では大いに注目です。しかも隣り合ったテント同士をつないで居住空間を広げていくことまでできますから、拡張性は文句なし。

「Qube Tents(キューブ・テンツ)」は現在、クラウドファウンディングサイトのINDIEGOGOで出資者を募っているテントです。組み立てはフレームを広げるだけなので数分で完了。かわいらしいサイコロのような形のテントができあがります。

■Qube Tents - Campaign Launch - March 2017

アウトドア用の風や雨に強いテントを見慣れた目には、じゃっかん頼りなくも見えます。が、大人が背中を伸ばして立っていられる、という点は長期の滞在や災害時にも精神的な余裕につながってくるでしょう。何より、テント内でものを干したり、着替えの際にも立ったりしゃがんだりを繰り返さなくてもいい、という部分はとっても魅力的! 空間を効果的に使うという意味では、サイコロ形状はとても理にかなったデザインと言えます。

さらにこの「Qube Tents」はユニバーサルデザイン。隣り合ったテントと入り口をつないでいくことで、居住スペースをどんどん広げていくことができます。寝る人はこっち、パーティーの続きは向こう、といった切り分けができる点も便利ですね。

加えてソーラーパネル用の窓も備えており、バッテリーとライトを効果的に組み合わせることで、ちょっとしたパーティールームとしての演出ができる点も注目です。

お値段も、テント本体とソーラーパネルを合わせても400ドルを切るという優しい設定。総じて、天気が荒れないことが予想できるピクニックやフェスなど、ライトな使い方に向いていそうですね。

■Qube Tents
https://www.qubetents.com

 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot