line_box_head

復刻、待望の、驚きのコラボ、日本限定……話題豊富な某展示会に潜入

(2015.01.31)

道具のTOP

icon

01

80年代に一斉風靡したフルレザーのバックパッキングブーツ「Sundowner GTX」がリブート!

02

3ステップで組み立てと分解が可能な、いわゆる“ゴロゴロタイプ”のトラベルバッグがeagle creekから夏に登場

03

BPAフリーのボトルブランドとして人気のクリーンカンティーンから待望の大型インスレートモデルが登場

04

ふたつの人気ブランドがコラボということに加え、日本限定というニュースも。ペンドルトンとクレッターワークスがタッグを組んだ3モデルがリリース!

 現在進行形で、アウトドア業界ではメーカー各社が2015年に発売するニューモデルの展示会を開催。全国の小売店やメディアなどが続々と足を運んで、ひと足早く情報を仕入れていますが、Akimama編集部も例外ではありません。そんな中、アウトドア用品の輸入代理店エイアンドエフの展示会で「情報とって出しで解禁してよし!」と許可をいただいたので、駆け足でご紹介することにします。

 まず最初のニュースは、フットウェアブランド「VASQUE(バスク)」から。

 80年代に一斉風靡したフルレザーのバックパッキングブーツ「Sundowner GTX」が、このたびバスク50周年を記念して復刻。アメリカ国立公園のパークレンジャーにも正式採用されたモデルで、誰もが一度は履きたいと思い描く憧れのブーツでした。今回オリジナルのイタリアンラスト(木型)に戻し、レッドウィング社のUSなめし工場で丁寧になめした1枚のレザーをアッパーへ贅沢に採用。VASQUEのDNAを受け継ぐマウンテンレザーブーツとして、9月末に発売予定。31,800円(これより以下すべて税別)で女性サイズもあります!

 お次は旅行からアドベンチャーまで、様々なパックを追求する「eagle creek」。

 今回新しく登場したのが、3ステップで組み立てと分解が可能な、いわゆる“ゴロゴロタイプ”のトラベルバッグ。軽量で耐久性のある生地と、取り外して折りたためるフレームを採用した「EC LYBC SYSTEM」を用いたことによって、36L〜62Lの大小4サイズのウィール付きバッグが小さなスタッフサックに収まるサイズに収納できるようになりました。3サイズはバックパックとして背負うこともできるようです。こちらは6月上旬発売予定、29,000円〜33,000円で各サイズ全3色展開。空港では転がして、旅先では背負う……そんなイメージですね。

 さぁどんどん行きましょう。

 ドリンクなどを携行するためのボトルとして、人気の「Klean Kanteen(クリーンカンティーン)」からは、7月中旬にいよいよ待望の大型のインスレートボトルの販売が始まります。インスレートとは「断熱」を意味し、つまり断熱二重構造のため中のドリンクが冷めにくい(温まりにくい)ということ。スウィングロックキャップが付き、ビジュアルもクール。夏のキャンプで活躍しそうですね。こちらは32オンスが7,000円、64オンスが9,800円。

 そして最後は、ふたつの人気ブランドが日本限定でコラボモデルをリリース!

 アメリカ・モンタナ州、ボーズマン発のコアなパックブランド「Kletterwerks(クレッターワークス)」と、ウールブランケットで有名な「PENDLETON(ペンドルトン)」がタッグを組み、3つのデイパックを誕生させました。いずれも日本限定で8月にリリース予定。左からマーケット(11L)、フリップ(23L)、サミット(20L)。次の秋冬のコーディネートに取り入れたいアイテムではないでしょうか。
 

 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot