line_box_head

Akimamaがうかうかしていられない感満載のオンラインショップが誕生

(2015.03.19)

道具のTOP

icon

01

2015年3月2日、公式サイトのリニューアルに伴い、初の公式オンラインショップがオープン。karrimorの全ラインナップをいつでも、どこでも購入できる

02

『BiRD』や『TRANSIT』とのコラボ企画、クリエイターのインプレッションなどが読めるWEBマガジン的な側面も

03

オンラインショップのオープンを記念して「新規会員登録キャンペーン」としてユーザーに贈られる、カリマーの歴史を追った「ヒストリーロゴステッカー」。これは貴重!

04

2015年春夏モデルでは、新作「intrepid(イントレピッド)40」が大きな話題だろう。同じモデルにtypeⅠ〜Ⅲが用意され、typeⅠが女性および小柄な男性向け、typeⅡが男性および身長の高い女性に対応、そしてtypeⅢが高身長の方への対応モデルとなり、性別体系問わず幅広く使用できる。¥23,000+tax

 イギリスの名門ブランドが、3月から公式オンラインショップをスタートさせたという情報を得て、さっそくサイトを訪ねてみた。

 そのブランドとは、ユニオンジャックをモチーフにしたロゴでおなじみのバックパックブランド「Karrimor(カリマー)」だ。1946年、イギリス北西部にあるランカシャー地方で創業したカリマーは、クーガーやアルピニステといった数々の歴史的逸品をこれまでに生み出し、近代クライミングパックの礎を築いたブランドのひとつとして知られる。

 そもそも、公式オンラインショップがなかったことにまず驚いたが、これ以降アパレルを含めたKarrimorの全ラインナップをいつでも、どこでも購入できるというのは、取扱店が身近にない人にとってはうれしいニュース。送料無料・即日発送(※1)というイマドキのサービスが盛り込まれ、WEB会員限定イベントやメールニュースの配信、さらにはオンラインショップのオープンを記念した「新規会員登録キャンペーン」として、カリマーの歴史を追った「ヒストリーロゴステッカー」のプレゼントも用意されている。

 ところで、改めてサイトを眺めてみて驚いたのが、コンテンツの充実ぶりだ。2015年Spring & Summerの最新モデルの紹介はもちろんだが、WEBマガジンとしての側面も合わせもっている。

 旅と暮らしをつなぐ雑誌『BiRD』とコラボのスペシャルインタビュー(第一回は木工アーティストのしみずまゆこさん)や、旅の情報誌『TRANSIT』との海外企画、著名クリエイター(今回はデザインユニット〈MUTE〉)による製品のインプレッションなど、なんだかとてもカッコよく、読みごたえがあるのである。

 最初は「へぇ〜おもしろいな〜」という無邪気な感想だったのが、次第に「……ちょっと本気で作りすぎじゃない?」から、最後は「ヤバい。Akimamaうかうかしてられん」になったわけで……。ライバル?の紹介してどうするんだ!と若干思いつつ、ここに(コンテンツがめっちゃ豊富な)カリマー公式オンラインショップオープンのご報告とさせていただく。

 Akimamaもがんばるぞー!

※1:いずれのサービスも会員限定。即日出荷(平日14時までの注文、土曜日は8時までの注文に対応。休祝日は翌営業日発送)

 
カリマー公式オンラインショップ

 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot