line_box_head

トレッキングにピッタリの足袋タイプソックス From 大雪山

(2015.06.18)

道具のTOP

icon

画像

写真はクルーソックスタイプ。このほかにハイソックス(サイズ:S、M、L カラー:全5色 価格:2,700円 [税別価格])もラインナップ。

画像02

上側は左足用を甲側から見たもの、下側は右足用を裏側から見たもの。土踏まずを中心に足の甲までぐるりとアーチサポートが配されている様子がよく分かります。

画像03

折り返してみると、裏はこんなにふっかふか。そして、こんなところにロゴがデザインされるという細やかさ。

画像04

現在、国内にただ一店舗の「YAMAtune 大雪山店」。クツシタだけでこの店舗ということに誰もが驚きますが、休日には多くのお客さんが訪れます。店内に置かれているのはクツシタ用のニット編み機で、現役稼働も可能なコンディション。

画像05

東川町に来たことがある人なら、元「SALT」と言えば分かるかも。はい、あの建物です。YAMAtune 大雪山店/071-1424 北海道上川郡東川町南町2-2-5

 肌触りが良くて、履き心地も柔らか。長距離を歩いても疲れにくい上、むれたり臭ったりしにくい。そんなクツシタが欲しかったですよね。というわけで、「トレックアーチサポート 2フィンガータイプ」のご紹介です。

 フルクッションで足底もつま先周りもスネも全部フカフカ。それでいて甲と土踏まずには適度な圧力をかけるアーチサポートを配置。さらにさらに、足首周りの生地を薄くして動きをスムースにしたほか、つま先は下りで踏ん張りの効く2フィンガー、つまり足袋スタイルにしました。

 もちろん素材は「メリノウール」がベースですから、汗をかいても快適そのもの。長い期間履いていても匂いにくいことも特徴のひとつです。これに吸水速乾と通気性に優れた「HOTA(ホタ)」と、肌触りが良く伸縮性に富んだ「ライクラ」を組み合わせて立体構造で編み上げました。なるほど、心地いいのは当然です。

 作っているのは「YAMAtune(ヤマチューン)」というクツシタ専門ブランド。トレッキングからランニング、スノーアクティビティー、ライフスタイル、そしてふかふかの英国羊毛ソックスなど、さまざまなジャンルに渡って機能と品質に磨きをかけた製品を生み出しています。

 YAMAtuneの母体は名古屋にある「yamatune(ヤマツネ)」という靴下製造メーカー。創業50年を数える会社の持てるノウハウを惜しみなく投入して、2014年にスポーツ用ソックスブランド「YAMAtune」が誕生しました。

 新たなブランドを起ちあげるにあたって起業地として選んだのは東京でも大阪でもなく北海道。しかも大雪山の麓にある東川町(ひがしかわちょう)という人口8000人の小さな町。山に近く、自然と生活とがシームレスに続いている。そんな場所でアウトドアを日常に取り入れている人たちのアイデアを形にしています。

 YAMAtuneは生まれたばかり。お店も小さく、決してメジャーではありません。けれど、すでに知る人ぞ知るブランドとしてアンテナの尖った多くの人たちがファンとなっています。取り扱いは北海道内の登山用品店などが中心ですが、嬉しいことにホームページでも通信販売中です。まずはその丁寧な製品作りと溢れでる品質の高さに触れて、ニッポンノクツシタの気持ちよさにメロメロになってくださいませ。

 

 

■トレック アーチ サポート 2 フィンガー タイプ クルーソックス
サイズ:S、M
カラー:全6色
価格:2,000円(税別価格)

 

通信販売他、製品についての詳しいお問い合わせはこちらへ
YAMAtune 大雪山店
http://www.yamatune.jp/
Facebook:

https://www.facebook.com/yamatune.jp

 
 
ライター
林 拓郎

スノーボード、スキー、アウトドアの雑誌を中心に活動するフリーライター&フォトグラファー。滑ることが好きすぎて、2014年には北海道に移住。旭岳の麓で爽やかな夏と、深いパウダーの冬を堪能中。

line_box_foot