line_box_head

街とフィールドを結ぶ、ジャックウルフスキンのアンテナショップ。アキママ見たよ、でプレゼントもアリ

(2016.01.18)

道具のTOP

icon

jack1

山小屋をイメージしたという店舗。木の柱や梁を生かした内装には、元の民家がもつ和の雰囲気も残っていて、日本人にとっては落ち着く佇まい。外国人観光客にも好評だそうです

jack2

1Fは街着としてもまったく違和感がないカジュアルなラインナップ。フリースのフーディ「テラノバ・フーデッド・ジャケット」は、ヨーロッパからの観光客にも好評で、その場で着替えていく人も多いそうです

jack3

ボクシーなデザインのデイパックは学生にも好評。使いやすいですからね。キッズ用パックも売れ筋です

jack4

ハードシェルや中型パックなど、テクニカルなアイテムは2Fに揃っています。“わかってる人”は、こちらへ

jack5

店長の佐々木雅康さん。着ているのは、もちろんジャックのウエア。カジュアルなパーティならこのまま参加できそうです。ジャックの魅力を尋ねると、「デザインや色味がきれいなこと。カジュアルな感じで普段着にも使えます」と教えてくれました

 ジャックウルフスキン原宿キャットストリート店は、今年4月でオープン1周年を迎えます。

 店があるのは、原宿でも「裏原宿」とか「ウラハラ」なんて呼ばれているキャットストリート沿い。古民家を改装した店舗は山小屋をイメージしたものだそうですが、こんなにおしゃれな山小屋があるなら、ぜひ泊まってみたいもんです。店長の佐々木さんによれば、来客の3割は外国人だそうですが、「建物がクールだから覗いてみた」なんていう人も多いんだとか。ほんとにいい感じなんですよ。

 原宿といえば、私たちのような外遊び好きにとってはアウトドア・ブランドの旗艦店が軒を並べるホットスポットですが、それよりなにより、流行最先端の街ですよね。週末平日問わず、多くの人で賑わっています。

 店を訪ねてみて思ったのは、ジャックが提案する「アット・ホーム・アウトドア」は、ここに来れば一目瞭然だということ。

 どういうことかって?

 にわかには信じられない話ですが、来店する日本人のうち、なんと8割の人がジャックウルフスキンを知らないんだそうです。つまり、ふだんアウトドアで遊んでいるわけではなく、ジャックがアウトドア・ブランドとも知らずに、「なんだかいい感じだなぁ」と入ってくるんですね。

 で、スタッフとのコミュニケーションを通じて、たとえば一見ふつうのシャツも、高い機能を備えていることを知るわけです。立体裁断で腕が動かしやすいとか、吸汗速乾性の高い素材で着心地が良いとかね。

 デザインやカラーリングが気に入って手にしたものが、機能的にも優れていると知れば、うれしくなりますよね。動きやすい服を着れば、外に出かけるのが楽しくなります。いつもよりも遠くまでランチに行ってみようと思うかもしれないし、寄り道をした公園がアウトドアの入り口になるかもしれません。

「アット・ホーム・アウトドア」とは、街の生活のすぐそばにもアウトドアの楽しみはあるということ。カジュアルとテクニカルが程よくミックスしたジャックウルフスキンの製品は、その気づきを与えてくれます。この店を通して、その製品がきっかけとなってアウトドアを楽しむ仲間が増えるなら、こんなに素敵なことはありません。

 そのコンセプトは、店内のディスプレイにも現れています。1Fはライフスタイル・ウエアが中心。シンプルなデザインのダウンジャケットや襟付きのシャツ、通勤通学でも違和感がないコートなんかも揃ってます。普段着を選ぶ感覚で品定めできるから、アウトドアウエアを見慣れない人でも親しみやすい。気になるあの人と山に出かける前に、まずは買い物デートなんていうのもいいんじゃないでしょうか。

 現在は、冬物のセールの真っ最中。ここだけの話ですが、アイテムによっては驚くような大幅値引きもありましたよ。さらに今回は特別に、「アキママ見たよ」でステッカーをプレゼントしてもらえることになりました。セールは商品が売り切れ次第終了。ステッカーも数に限りがありますから、お早めにどうぞ。
 
 
※オフィシャルサイトはコチラ
           

■ジャックウルフスキン原宿キャットストリート店
住所 東京都渋谷区神宮前5-11-13 ネスト原宿VIII
営業時間 11:00〜20:00
TEL 03-5778-4361

 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot