line_box_head

DILL連載第10回 栄養満点のあの食材で「ソイジョイ(ハイカロリーver.)」を作ってみた

(2016.11.22)

ごはんのTOP

icon

 こんにちは。DILL eat,life.の山戸ユカです。

 私たちの住んでいる八ヶ岳は、11月も半ばを過ぎるといよいよ冬がそこまできていることを日々実感しています。

 今年の冬こそお山にたくさん雪が降りますように……。そんなことを願う毎日です。

 さてご好評をいただいている手作り行動食シリーズ。

 今回はソイジョイ(もどき)に挑戦してみました。

 ソイジョイと言えば大豆粉を使ったヘルシーバー(1本あたり120〜140Kcalくらい)で、食事の間のつなぎ。ちょっと小腹が空いた時に最適なものとして開発された物だそうです(大塚製薬のHPより)。確かにデスクワークの間食としてはよいかもしれませんね。

 でももし山やクライミングの行動食として持って行くとなると、やはりもっと高カロリーを求めたくなるのが心情。

 さてそもそもソイジョイは何でできているのでしょう? 調べてみると……。

原材料名:(3種のレーズン)レーズン、大豆粉(遺伝子組換えでない)、砂糖、アーモンド、卵、難消化性デキストリン、食用植物油脂、ココアバター、アガベシロップ、ココナッツ、食塩/香料(乳由来)、レシチン(大豆由来)

……ふむふむ。ここに表示されている原材料から、今回は手に入りやすく、また(私たち的に)好ましい食材に置き換えてみることにしました。

 作るにあたって、スーパーに行ってみても大豆粉がなかなか売っていないことが判明。ならば大豆を電動ミルで粉にすればよいのか?とも思ったのですが、今回は同じ大豆からできる「おから」を使ってみることにしました。

 おからはみなさんもご存じのことと思いますが、豆腐を作る際に出る大豆の搾りかすで、うの花などの煮物に使うこともありますが、そのほとんどは捨てられてしまいます。

 しかしおからに含まれる食物繊維やたんぱく質、そしてカルシウムは豆乳の数倍も含まれているそうで、そして何より安い! スーパーの豆腐コーナーに置かれたおから400グラムで35円!!(近所のスーパーにて)。しかもものすごく腹持ちがよい!となれば使うしかありません。

 さてお待たせしました。レシピはこちら!

レーズンとチョコチップのソイジョイ(もどき)
 <材料(約10本分)>
 生おから…200グラム
 きな粉…30g
 片栗粉…70g
 ベーキングパウダー…5g
 甜菜糖(もくはきび砂糖)…100g
 卵…1個
 グレープシードオイル…20g
 ピーナッツバター…50g
 レーズン…50g
 チョコチップ…100g
 ブルーベリージャム…50g
 はちみつ…15g
 塩…ひとつまみ

<作り方>
① 全ての材料をボウルに入れてよく混ぜる。
 ② ひとまとまりになったらラップに包んで厚さ1センチの長方形に伸ばし。30分ほど冷蔵庫で冷す。
 ③ ②を10等分し、170℃に予熱したオーブンで20分焼く。
 簡単ですねー!

 さて実食!!

 外はカリッとしていて中はしっとり。これはなかなかおいしい!! しかもかなり腹持ちのよいい物が完成しました。
 今回のレシピで作ったソイジョイもどき1本あたりのカロリーは232Kcalでした。本物の約2倍のカロリーということになります。そして試食してみた感じ、おそらく腹持ちも2倍!

 さっそく来週のクライミングにはこれを持って行ってみたいと思います。みなさんもぜひ作ってみてください。
<文=山戸ユカ、写真=山戸浩介(DILL eat,life.)>

 
 
ライター
DILL eat,life.山戸浩介・ユカ夫妻

八ヶ岳南麓の食堂『DILL eat,life.』のオーナーである山戸夫妻。アウトドアの輸入代理店のスタッフだった浩介さんと料理研究家のユカさんが、食を中心とした山での暮らしや遊びの提案を行なっている。http://dilleatlife.com

line_box_foot