line_box_head

決して忍者コスではない。地球上で最もファンキー&優秀なベースレイヤー

(2016.01.26)

道具のTOP

icon

画像

最もベーシックにしてシンプルなフード付きニンジャスーツ。こんなデザインならフェスでのリラックスウェアとしても活躍してくれそう。ワンピースで心配されるトイレ問題も、350度ウエストジップで鮮やかに解決!

 このスーツに身を包んで手裏剣を投げたり、ニンジャキックを放ったり、という事ではありません。

 AIR BLASTER(エアブラスター)は2002年、アメリカはオレゴン州ポートランドで生まれたスノーボードアクセサリーのブランドです。当時のスノーボードビデオスター、トラビス・パーカーをはじめとしたスノーボーダーたちが、力の抜けた楽しさと本気で遊ぶマインドをシリアス過ぎるスノーボードシーンにぶつけることから始まりました。

 最初は90年代テイストのリーシュストラップからはじまりましたが、やがてゴーグルやキャップ、スノーボードウェアといった製品を独特のデザインとカラーリングで生みだしてゆきます。そして製品に込められた「バカやってマジに遊ぼうぜ!」というメッセージが、世界中で支持されてきたというわけです。

 AIR BLASTERのメッセージが受け入れられているのは、その製品作りが徹底して「本気」だからです。遊びだからこそ全力投球。自分たちがかっこいいと思うものを、ハイクォリティで作ろう。そのスピリッツが結晶したのが、ニンジャスーツと言えるかもしれません。

 なにしろ北米の冬は呆れるくらいの極寒です。すべてが凍りつく中でも最新素材のマジメなスノーボードウェアに背を向けて、ストリート感満載のカッコいいウェアで滑りたい。そんな彼らがやせ我慢しなくても良いよう、温かくて快適で薄着や吹雪をものともしない鉄壁の護りを誇る超ハイパフォーマンスファーストレイヤー「NINJA SUIT(ニンジャスーツ)」を開発した、というわけです。


女性が着ていても違和感のないデザインは、あのPOLeRとのコラボモデル。ニンジャスーツがすでにアウトドアライフスタイルに深く採りいれられていることを感じさせます。ちなみに、後ろに見えているのはマウントフッド。ポートランドのローカルスノーボーダーたちがこよなく愛する山です

1 2
 
 
ライター
林 拓郎

スノーボード、スキー、アウトドアの雑誌を中心に活動するフリーライター&フォトグラファー。滑ることが好きすぎて、2014年には北海道に移住。旭岳の麓で爽やかな夏と、深いパウダーの冬を堪能中。

line_box_foot