line_box_head

ファイントラックから新シェルターシリーズが発売! 極秘「カミナ」情報も入手

(2016.02.05)

道具のTOP

icon

画像

初めからチューブ状の形状をしているため、ポールなどを使って設営しなくても、両端を絞り、バックパック等を利用してクリアランスを作ることもできる。また、両端を開放したまま立てると、4人が横になれる大型のシェルターとして使用することもできる。

チューブ1

雨や雪の浸入を最小限に抑える吹き流しタイプの入り口が両端に2カ所ある

ダイニーマテープ

各辺に超高強度ダイニーマテープを配備し、しっかりテンションをかけられるテンションスリングシステムを採用

デイジーチェーン

フロアーサイズの可変が可能なデージーチェーン、居住空間を広げるサイドリフターも装備。シームテープ加工済み。

 創り手が遊び手というコンセプトで、つねに使用者の目線に立った意欲的な「モノ創り」を実戦するfinetrack(ファイントラック)が、素材と機能に徹底的にこだわったツエルトシリーズをさらに実践者向けに再設計してフルリニューアル。全国のアウトドアショップとオンラインにて2月9日から発売される。なかでも、4人が横になることができるという大型のチューブツエルトに注目。

 これは取り出して潜り込むだけで緊急避難ができるチューブ型シェルター。入口は吹き流しタイプで、解放状態での使用も可能。大人数パーティーのリーダーや、お客さんを複数連れた山岳ガイドにおすすめ。

 従来のツエルトといえば、防水コーティングを施したのみで透湿性がなく、簡単に結露してしまった。また、十分なテンションをかけて設営することが難しく、特に風の強いときの居住性は決していいとは言えないものだった。そこで、ファイントラックでは、超軽量の高強力ナイロンリップストップ生地に防水透湿性コーティングを施した素材を新開発。ツエルトとして十分な耐水圧を備えながら、不快な結露を軽減。さらに張力のかかる辺をダイニーマテープで補強する「テンションスリングシステム」を開発。しっかりとテンションをかけて張ることができ、広い居住空間を確保することが可能となったのだ。

 しかし、ニュースはじつはこれだけではない、ファイントラックの「モノ創り」の勢いは、まだまだ止まらない。これらシェルターのフルリニューアルに加え、なんと2月15日に注目の新製品の発表がある。現在ホームページでは「カミナ」という商品名なのか、符号なのかだけが発表されているが、アキママ編集部では先日、実際にフィールドで「カミナ」とご対面。そのスペックの高さは、群雄割拠の本格山岳ギア戦線に勇躍名乗りを上げることになるだろう。そんな「カミナ」についてのレポートは乞うご期待!


価格:¥31,320
最大奥行320×開口部直径106cm 
[収納時:12×5×19cm]
カラー:MO
重量:440g
素材:15dリップストップナイロン100% 
(ポリウレタン防水透湿コーティング) 
※張り綱・ポール・ペグは付属していません

 
 
ライター
滝沢守生(タキザー)

本サイト『Akimama』の配信をはじめ、野外イベントの運営制作を行なう「キャンプよろず相談所」を主宰する株式会社ヨンロクニ代表。学生時代より長年にわたり、国内外で登山活動を展開し、その後、専門出版社である山と溪谷社に入社。『山と溪谷』『Outdoor』『Rock & Snow』などの雑誌編集に携わった後、独立し、現在に至る。

line_box_foot