line_box_head

【登ってみた2】台北で日帰り登山と♨︎といえば、七星山と冷水坑!!

(2015.12.24)

登山のTOP

icon

taipei1

鎌倉なんかでは、ちょっと嫌われ者のタイワンリス君ですが、ここは本場の台湾だけに、ワガモノガオなのが少し笑えます。いやいや、おじゃましているのはコチラですね

【登ってみた1】台湾の低山事情。台北市の最高峰、七星山主峰は1120m〉よりつづく

 標高1,120mの七星山の主峰からは、南東方向にトレイルが続いています。そして目の前には、七星東峰(Mt.Qixing East Peak)が指呼の間に。ただし、この頂へと至るには、いったん、鞍部へと下ってから急な石段を登り返す必要があります。とはいえ、さほどキツイわけでもないのですが。


七星山の主峰から見た七星東峰。トレイルは、低い笹薮のなかにつけられた道で、主峰からもはっきりと確認できます。ほんの10分の距離ですが

 東峰の標高は1,107mなので、主峰よりは10数メートルほど低いものの、山頂部分がぽっこりと盛り上がっていて、ちょっとした独立ピークにもなっています。ただ、主峰と東峰を遠く麓から見上げれば、おそらくは双耳峰のような山並みに見えるはず。一般的には、この双峰を併せて「七星山」とも「陽明山」とも呼ばれているそうです。

 ちなみに、ここは陽明山国家公園に指定されていますが、陽明山という名の付いた山はありません。この名は、中華民国の初代総統で、陽明学の徒でもあったあの蒋介石が付けたもので、陽明山とは、周囲の大屯山やこの七星山などの山域全体を指したものとされています。そして、この七星山がエリアの中心地であり、主峰でもあるのです。閑話休題。


七星東峰から台北市街を望む。残念ながら曇天なれど、遠くに二本の川が流れているのがわかる。台北の中心地はその南側に広がっています

 さて、七星東峰はとんがり山なだけに展望はとてもよく、360度がグルリと見渡すことができました。曇りがちな天気ながらも、眼下に見える二本の川筋の向こう側には、大きな大きな街がチラチラと見えています。主峰よりも位置的にも台北の街に近いうえに、この先にはさえぎる山がないのです。たぶん、夜景もとてもいいのではないでしょうか。想像するに、函館にも神戸にも負けないくらいかと(今度は夜に登ってみたい!)。

 ところで、山頂に登りきったところでこんな風景に遭遇しました。

 

東峰山頂への最後の階段を登りきったところで、このシーンに遭遇。地元の人たちがこんなふうにして登る山なんだと、ちょっとうれしくなっちゃいました

「任天堂登山趣」という登山クラブの登頂記念撮影会。「登訪完成」という大きな横断幕を用意しているところをみると、ともすると、日本でいう百名山的な登り方をしているのかもしれませんね。それにしても「任天堂」。かなり気になって近くの人に声をかけてみたのですが、残念ながら1ミリも中国語が聞き取れず、でも笑顔で握手を求められるという流れに。登頂をともに喜び合おうというフレンドリーな雰囲気が、とてもハッピーな気分にさせてくれます。さほど広くもない山頂で、日台友好の場が生まれます。この人たち、山が好きなんだなぁと、ちょっといい台湾の仲間を見つけた気分です。
     


東峰からいままで歩いて来た道を振り返ってみる。正面の大きな山が七星山の主峰です

1 2
 
 
ライター
tetsu

山岳•アウトドア関連の出版社勤務を経て、フリーランスの編集者に。著書に『テントで山に登ってみよう』『ヤマケイ入門&ガイド テント山行』(ともに山と溪谷社)がある。

line_box_foot