line_box_head

ミレーのトイ ライト コンポジット ジャケットは、究極の行動着だ!

(2016.10.21)

道具のTOP

icon

 日に日に寒さの厳しくなるこの季節、山のウェア選びに頭を悩ませている人も多いのでは? ウェアリングの基本は、アンダー、ミッド、アウターの組み合わせ。行動中や休息時、就寝時などの各シチュエーションで、この3種類のウェアをいかにして上手に選び合わせ、快適を求めることができるのか……それは山登りの技術のひとつでもあったはず。

 でも、そんな細かなルールなどポイッと吹き飛ばせるような、ジャケットをミレーが発表している。トイ ライト コンポジット ジャケットという名のこのモデル。見た目は薄手のダウンジャケットといったところであるが、いやいや、じつはダウンではなく、化繊のインシュレーション。
この秋冬シーズンのミレー最新モデル。トイ ライト コンポジットジャケットは、ただのインシュレーションじゃない!!

 インシュレーションといえば、従来はミッド=保温着として認識されるジャンルであるが、こいつはただのインシュレーションじゃない。保温着であることは間違いないのだが、「保温をしつつ通気性を確保する」という離れ技を併せ持ったウェアなのだ。

 たいていの保温着は、あたたかさを追求する。たとえば、中綿素材自体が発熱してみたり、ロフトのある高価なダウンを使ってデッドエアをたんまりと溜め込んでみたり。どちらもあたたかさについては申し分もないのだが、ともすると「暑過ぎる」ことが多々。とはいえ、インシュレーションの役割としては、それでも十分なところもあったはず。

 なぜなら、行動中にインシュレーションが必要な状況はほぼなく(厳冬期の雪山登攀や高所登山は別の話ですが)、必要性が生まれるのは稜線での休憩時や山小屋で過ごすときなど、「静」の部分がメインであるから。

 インシュレーションを着たままの行動では、すぐに暑くなり過ぎてしまうため、ともすると発汗から身体の冷えを誘発する遠因にもなりかねない。そのため、保温着としてのインシュレーションは、行動着とは別にバックパックの中にしまっておく必要があった。軽いとはいえ、荷物ではある。

1 2 3
 
 
ライター
tetsu

山岳•アウトドア関連の出版社勤務を経て、フリーランスの編集者に。著書に『テントで山に登ってみよう』『ヤマケイ入門&ガイド テント山行』(ともに山と溪谷社)がある。

line_box_foot