line_box_head

【A&F ALL STORIES】黄色と緑のパッケージ。キャンプの便利小物なら「コフラン」におまかせ!

(2018.09.28)

道具のTOP

icon

コフラン(COGHLAN'S)とのお付き合いはもう、45年くらいになると思います。いちばん最初にビジネスをしたのが、創業者のノーム・コフランさんでした。それからその息子さん、娘さんと窓口担当者が代わって、今では甥っ子さんとやり取りしてますから、4代に渡ってのビジネスパートナーってことになりますね」

 そう言いながら楽しそうに笑う赤津孝夫会長は、意外なエピソードを話してくれた。

   COGHLAN'Sの創業者、ノーム・コフラン氏。キャンプ道具に対する先見の明と、良いものを届けたいという情熱が、COGHLAN'Sを現在の一大企業へと育て上げた。

 

「実はコフランって、A&Fができるきっかけになった会社なんです」

 どういうことだろう? コフランはキャンプ用小物のブランドとして古くからアウトドア好きに親しまれている。スクイーズチューブやリペアテープ、エッグホルダーといった品々は、今でもアウトドア用品売り場で必ず見かける定番商品だ。決して高価ではないラインナップが、なぜA&Fの創立に関わったのだろうか?

印象的な色使いのパッケージを見たことがない、という人はいないのではないだろうか。左上から反時計回りに、インタビューにも登場するフォールディングトースター、マヨネーズなどを移し替えて持ち出せるスクイーズチューブ、卵用ケースのエッグホルダー、コンパス付きホイッスル、防風防水のストームマッチ、バーベキューに便利な伸縮式のテレスコーピングフォーク。このようにあらゆるものが揃うのが、コフランの強みだ。

「A&Fができたのが1977年です。それまで僕は東京銃砲火薬店っていう猟銃の販売店で輸入の仕事をしていました。そこでコフランや他のアウトドアブランドも扱っていたんですよ。その頃、アメリカでバックパッキングが流行り始めていて、僕自身も大型バックパックを買ってきたりしました」

 まさにアメリカを発信地として、世界中にバックパッキングの波が広がり始めていた時代だ。

「バックパッキングの精神って、自然を大事にすることじゃないですか。ありのままの自然を愛し、草花や動物を愛でる。ところが勤めていた会社は鉄砲屋さんですからね。銃器を扱っているわけですよ。そういう会社が取り引きを申し込んでも、バックパッカーの精神を持ってるメーカーからすると、自分たちとは別の考え方を持ってる会社だって思われかねない」

 その心配ももっともだ。取り引き依頼の手紙を書く際、東京銃砲火薬店を英語表記にした「Tokyo Firearms」の名を記すことに、赤津会長は大きな抵抗を感じていたのだ。

コフランの製品の中でも特にファンの多い「キャンプクッカー」。脱着式のヒンジを備えたアルミ製のホットサンドクッカーは、内側をテフロン加工することで焦げ付きを防止し、キャンプでの後片付けを簡単にしている。また、長い柄は焚き火でも扱いやすい。(sumi☆photo)

「そうした経緯からA&Fを作ったんです。東京銃砲火薬店の社長の藤田と、赤津の名字の頭文字をとって“A&F”。この会社は鉄砲じゃなくて、バックパッキングを中心としたアウトドア用品を扱おうって考えたんです」

 つまりコフランをはじめとしたアウトドアに関わる商材のために作られた会社こそ、A&Fだったのだ。

「その当時はコロンビアとかクラスファイブ、アルパインデザインなんかも取り扱ってました。そのなかでずっと続いてるのはコフランですね。その意味ではA&F以前からですから、うちが扱っているブランドで一番古いのがコフランなんです」

1 2
 
 
ライター
林 拓郎

スノーボード、スキー、アウトドアの雑誌を中心に活動するフリーライター&フォトグラファー。滑ることが好きすぎて、2014年には北海道に移住。旭岳の麓で爽やかな夏と、深いパウダーの冬を堪能中。

line_box_foot