line_box_head

【DISCOVER JAPAN BACKPACKING】日本最北端の頂を目指せ! 利尻岳シートゥサミット・前編

(2018.08.30)

登山のTOP

icon

世界有数の火山大国であり、登山天国でもある日本。その魅力を見つめ直す「DISCOVER JAPAN BACKPACKING」。第三弾の舞台は、北海道・利尻島にある日本最北端の百名山“利尻岳”です。旅人はアウトドアライターのホーボージュンさん。これまでのアジア4ヶ国放浪サハリンの旅に続き、今回も大自然に翻弄されたようです!


 
 旅は旅から生まれ、旅はまた次の旅を生む。草木が大地から生まれるように、落ちた種が芽吹くように、旅はこの星を輪廻し、いつかどこかで転生する。今回の旅もまたそうして生まれた。

 山岳ガイドの塚原聡(ツカちゃん)と初めて旅をしたのは2015年の早春のこと。場所は北海道の雪山だった。バックカントリーを滑る人には知られていることだが、パウダースノーで有名なニセコアンヌプリから日本海沿いの岩内岳の間には、積雪期にだけ出現する“オートルート”と呼ばれる縦走ルートがある。2泊3日あるいは3泊4日をかけて9つの山をスキーやスノーボードで滑りながら旅ができる、バックカントリーマニアにとっては最高の縦走路だ。
Photo by Tomoko Fukutaki
 早春の北海道は最高だ。パウダースノーもいいけど、コーンスノーと呼ばれるザラメ雪は1度滑ると病みつきになる。踏んだスノーボードのエッジごと斜面が流れるようなその滑らかさは、まるで水の上を滑っているよう。山行にも厳冬期のような緊張感や悲壮感はなく、どこかほっこりしていて心が弾む。この旅の最終日には僕らは岩内岳の山頂から日本海に向かって滑降し、海岸まで歩いて出ると海に沈む夕陽を見送るというドラマチックなフィナーレを迎えた。

「楽しかったなあ!」2人してそう呟く。

「次はこの海を旅しようぜ!」

 そう言い出したのは果たしてどちらだったか。この時の僕らは人力旅ならではの達成感と高揚感に突き上げられ、まるで中学生みたいに興奮していた。

 その口約束が口約束でなくなったのが2017年の夏だ。雪山の次は海旅だった。シーカヤックにキャンプ道具一式を詰め込んで、余市から岩内まで積丹半島一周の旅に出たのである。
Photo by Makoto Yamada

 残念ながらこの時は爆風が吹き荒れてまったく前に進めず、来る日も来る日も白波を眺めながら過ごすハメになった。焦る気持ちがないわけではないが、どんなに抗ったところで自然の力にはかなわない。長年アウトドアで遊んでいる僕らは「停滞」にも慣れっこで、それは「旅」の仲のよい兄弟みたいなものだと思っていた。

 そのかわり時間だけはたっぷりあったから、旅の話をたくさんした。今度はでっかいバックパックを背負って日高山系を歩こうとか、ヒグマをかき分けながら知床岬までいこうとか、そんな話。肉体は1ミリも進まなかったが、僕らの思いは自由自在に北海道の大地を彷徨していた。別の意味で旅らしい旅になった。

「じゃあ、またな」

 次の約束をすることもなく僕らは別れたが、この旅はきっと次に繋がるという予感が僕にはあった。そして1年を待たず、それはふたたび現実となった。
 

2018年夏。縦走&縦漕の旅へ

「夏休みにそっちに行くからさ。テント泊で縦走登山しようぜ」

 そう連絡を入れたのは6月の末だ。ツカちゃんは快諾してくれ、僕らはさっそく計画を練り始めた。とはいえふつうに山に登るだけじゃつまらない。僕は道内のロングルートはすでにいろいろ登っているし、ツカちゃんに至ってはプロの山岳ガイドだ。いまさら有名ルートを歩いても面白くないだろう。

「じゃあどこか山奥の湖をSUPで横断して、そのままその外輪山に登るのは?」
「いいねえ~それ!」

 冗談半分に言ったプランで僕らは盛り上がった。山に登り、山を下り、湖を渡り、湖畔で眠り、ふたたび山に登る。縦走&縦漕の旅。それは全方向的でワイルドな匂いがプンプンした。

 地図を睨んでそんな旅ができそうな場所を探した。その結果候補になったのが次の3つだ。

 ひとつめは支笏湖(しこつこ)。風不死岳~樽前山~苔の回廊~楓沢~支笏湖~恵庭岳。マニアックな山域にワイルドで神秘的な苔道歩きを加え、SUPで湖を渡って次に目指す恵庭岳へ向かう。2つの山を湖で繋ぐ縦走(漕)スタイルだ。支笏湖と恵庭岳(出典=Wikipedia「支笏湖」より)

 ふたつめは然別湖(しかりべつこ)。白雲山~天望山~東雲湖~然別湖~南ペトウトル山。ナキウサギが鳴く神秘の湖を巡る旅。山を縦走し、湖を渡り、川を漕いでシマフクロウの棲むキャンプ地で野営。ふたたび湖を渡り南ペトウトル山へ登る。体力的に余裕があれば、ウペペサンケ山まで攻め登ってもいい。然別湖(出典=Wikipedia「然別湖」より)

 3つめは摩周湖(ましゅうこ)だ。西別岳~カムイヌプリ~摩周湖周回~藻琴山。道東のパイロットファームを眼下に見渡せる大展望の西別岳からカムイヌプリ(摩周岳)へ向かう山中でビバークし、夕陽と星空と朝陽を満喫。その後屈斜路湖へ下りSUPで移動して藻琴山へというビッグスケールのプランだった。
摩周湖(出典=Wikipedia「摩周湖」より)

 日程は8月13日から18日の5日間にした。どの山域に向かうかは直前の天気図と週間予報で決定することにし、どこに向かってもいいように手配と準備を進めた。トレッキングブーツとパドル、アルパインウエアとライフジャケットを同時にパッキングするのはなんだかへんな気持ちだったが、逆に妙に興奮する作業なのだ。

(これはどう考えても楽しい旅になるぞ……。)

 嬉しすぎて前夜はよく眠れなかった。そしてお盆休みの初日。モクモクと湧き上がる入道雲を突き抜け、僕を乗せたスカイマーク713便は青い空へと飛び立った。行き先は夏。まるでジブリ映画のオープニングみたいな光景だった。

 ところがどっこいぎっちょんちょん!(このフレーズ、もはやAkimamaの僕の連載ではおなじみだ)。

 新千歳空港で僕を待っていたのは凍えるような寒さと、10m先が見えないようなどしゃ降りだった。

「うっす……」

 空港まで迎えに来てくれたツカちゃんが苦笑いしている。台風崩れの低気圧と前線の影響で、北海道は全道にわたって大雨だった。クルマを走らせるのが恐いほど。水しぶきでまったく前が見えないし、高速道路のあちこちにハイドロプレーニングを起こすんじゃないかと言うくらいの深い水たまりができていたのだ……。

1 2 3
 
 
ライター
ホーボージュン

全天候型フリーライター。6,000mの高所登山からシーカヤックの外洋航海まで、フィールドとスタイルを問わない自由な旅を続けている。『山と渓谷』『ビーパル』『PEAKS』『Field Life』などアウトドア各誌で連載中。公式Twitterアカウントは「@hobojun

line_box_foot