line_box_head

水に浮く、という新たな機能。DRAGON「H2O フロータブルコレクション」

(2016.06.18)

道具のTOP

icon

 うっかり落としても沈まない。というわけでSUPやボート(あるいはフローター)での釣り、サーフィン、カヤックなんかでも重宝しそう。

 サーフィン、スノーボード、スキーやモトクロスというアクションスポーツのフィールドでおなじみのアイウェアブランド「DRAGON(ドラゴン)」は2016年の夏に向けて、「H2O FLOATABLE COLLECTION(エイチツーオー・フロータブルコレクション)」シリーズを展開中です。

サングラスを沈ませない、アクセサリーとしての「浮き」はありましたが、サングラス自体が沈まないのは初めてかもしれません。その安心感が、こんなに大きいものだったとは! これからの季節、水の上で遊ぶSUPやカヤックなんかには最高だと思います

 オーソドックスなラウンドフレームの「MARQUIS(マークイズ)」、スポーティーな「ROADBLOCK(ロードブロック)」、ラージサイズの「THE JAM(ザ・ジャム)」の3デザインの中に、フロータブル仕様がラインナップされているというわけです。

左上)MARQUIS MATTE BLACK H2O + GREY P2 POLAR 28080円(税込) 右上)ROADBLOCK MATTE BLACK H2O + GREY P2 POLAR 28080円(税込) 左下)THE JAM MATTE BLACK H2O + GREY P2 POLAR 28080円(税込) 右下)THE JAM MATTE BLACK H2O + PLASMA P2 POLAR 31320円(税込)いずれもレンズはパフォーマンスポーラー偏光レンズを採用。鋳型成形された偏光フィルムによって、ひずみやムラのない快適な視界を確保。またレンズには摩擦や油汚れを寄せ付けないハードコーティングと、水分をはじく撥水コーティングを施しました

 水に浮くヒミツはフレームに採用されている低密度サーモプラスティック。そのあまりの軽さ故に、フレーム自体が浮きとして使えるほど!というから驚きです。さらにDRAGONならではの偏光レンズ「パフォーマンスポラー(=P2)」を搭載していますから、水辺の照り返しにもバッチリ。ここまで聞けば釣りが趣味の人ならリアクションバイト必至ですし、うっかり落として水の底に沈んでいくサングラスを見送る寂しさとも永遠にバイバイです。

 もちろん水に浮くほどの軽さですから、装着感はエアリーにして軽快。テンプル根元のヒンジに適度なスプリング性能を与えることで、抜群のフィット感も叶えています。

 というわけで、軽くズレにくいのもこのシリーズの大きなメリット。トレッキングやファストハイク、自転車やスケートボードでも快適なかけ心地を約束してくれると思いますよ。

イメージをつかんでいただくには、こちらの動画もオススメです。
■They Float | Dragon H2O Floatable Collection

They Float | Dragon H2O Floatable Collection from Dragon Australia on Vimeo.

詳しくはこちらまで。
DRAGON 日本公式ページ
http://www.dragonalliance.jp/

 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot