line_box_head

【速報】国内入荷は152個のみ! クレイジークリーク名品の復刻カラー限定発売まもなく

(2017.03.07)

道具のTOP

icon

 CRAZY CREEK(クレイジークリーク) は、1987年にロブ・ハートというに若者よってモンタナ州のロッキー山脈のふもとで誕生したブランドだ。

 野外スクールのインストラクターをしていたロブは、生徒を連れて山にでかけていたが、休憩時に腰を下ろすのは岩や切り株ばかり。これでは全然休憩にならないと、携帯に便利な簡易イスの製作に取りかかった。

 こうしてできあがったのが、軽量コンパクトな「オリジナルチェア」だ。

 このイスはやわらかなフォームを折り畳んで作ったいわゆる〝座イス〟。両サイドのストラップで背もたれの角度が調整でき、一度腰を据えてしまうとなかなか立つ気になれない中毒的な座り心地がある。とくに焚き火や絶景を前にすれば誰だって根っこが生えてしまうだろう。
 断熱性に優れる発泡フォームを用いたことで、岩や切り株はもちろん、冷えた地面や雪の上に座っても誰のお尻も冷たくならなかった。

 1985年に試作品を売り出してみると、このアイデア商品はあっという間に完売してしまう。その後ロブは'87年にクレイジークリーク社を設立。以降は世界中のアウトドアフィールドで快適なイスとして定番アイテムとなり、北極遠征やパタゴニア探検といった冒険家の休息にも寄りそうようになった。うちにある初期モデル。だいぶいい味

 2017年はクレイジークリークが誕生してちょうど30年。

 それを記念して作られた貴重な復刻限定カラー「パープル/ティール」が、日本国内に152個だけ入荷されることになったそう!(と、ついさきほど情報入手。本日入荷したそうだ)
 30年前のロブと今の私たちが愛してやまないものは何も変わらない。時間の隔たりを感じることなく、この座イスに腰かけてアウトドアや旅への思いを馳せてみてはいかがだろうか。

クレイジークリーク/オリジナルチェア
価格:¥7,000+税
カラー:パープル/ティール
 販売開始は輸入代理店エイアンドエフの公式オンラインストアにて、近日中!

 
 
ライター
ふくたきともこ

フリーランスの編集者/ライター。アウトドアやスノーボード関連の専門誌で活動する傍ら、フジロックや朝霧ジャムなど国内の野外フェスの制作にも携わる。最近の好きな山は飯豊連峰と伯耆大山。京都出身、一児の母。twitter「@happy_falls

line_box_foot