line_box_head

【A&F ALL STORIES】北極圏の荒野が産んだテント一筋「ヒルバーグ」

(2018.10.26)

道具のTOP

icon

2013年、北極圏の孤島アイスランドを北海岸から南海岸へ1か月かけて歩いて縦断。寝床は2人用の非自立テント、ヒルバーグのナロ2GT。トンネル構造で風に強く、前室が広いモデルだ。
 1972年から今日まで約半世紀に渡り、こだわりのある作りと斬新なデザインで世界中のアウトドアズマンを虜にしてきたテント専門メーカー「ヒルバーグ(HILLEBERG)」。ヨーロッパを旅していると必ず見かけるほど、欧州では知名度が高く、多方面から信頼され、誰もが憧れるテントメーカーである。

 A&Fがディストリビューターとしてヒルバーグの取り扱いをはじめたのが2003年。ヒルバーグが日本にやってくるまでの経緯をA&Fの赤津孝夫会長に聞いた。

「アウトドアテントのトップメーカーとしてヨーロッパで地位を確立したヒルバーグは、アメリカへ市場を拡大しようとして2002年のORショーに出展していました。わたしの親友でもあるフェザークラフトの創設者ダグラス・シンプソンが、ずっとヒルバーグを愛用していて『これはいいテントだよ』と、創設者であり当時社長であったボー・ヒルバーグを紹介してくれたんです」

 赤津会長はテントを目にする前に、ボー・ヒルバーグの人柄からブランドの実直さを感じたという。
父が作ったテントでくつろぐヒルバーグ一家。右が創設者のボー・ヒルバーグ。左から妻のレネー、娘であり現CEOのペトラ、息子のロルフ。こうしたファミリーキャンプがヒルバーグの原点である。
「ボーとはじめて会ったとき、生粋のアウトドアズマンだなと思いましたよ。北欧人らしく大柄で、物腰が柔らかく、喋り方からも筋の通った律儀な人間性を感じました。情熱を持ってテント一筋で生きてきた人なんだなと。それからテントを見せてもらって、それは確信にかわりましたね。ガイラインをひとつとっても、独創的で作りが繊細。アメリカのブランドはどこも似たようガイラインを使っているけど、ヒルバーグは赤と白でスタイリッシュに統一され、コンパクトな自在パーツもオリジナリティーが溢れていた。なによりも驚いたのが、テントの生地がツルツル、テカテカしていたこと。その生地はシリコンで被覆したKerlonという素材でした。その表面にナイフで切れ目を入れて、引っ張ってみろって言うんです。いくら引っ張っても切れないじゃないですか。おお、これはすげーって。軽さと強さを持ち合わせた、これまでにない新しいテントに出会った感じがしました」

 とはいえ、ヒルバーグを輸入するにあたり、不安要素はいくらかあった。値段は少々高めで、寒いフィールドを想定した4シーズンテントばかり。日本の市場は受け入れてくれるだろうか? そんな危惧を払拭するかのように、赤津会長はみずからヒルバーグの実力を肌で感じるため、極北のアラスカを子どもたちと旅したことがある。

「2005年の夏だったかな、息子と娘を連れて、写真家星野道夫さんの足跡をたどるためアラスカを旅しました。3人用の大きいヒルバーグを持って。釣りをしたり、パイプラインを見に行ったり、デナリ国立公園を歩いたり。キャンプをしながらアラスカを一周しました。これまでのテントは、雨に降られると狭い空間に閉じこめられ、調理さえもままならないものでした。だけど、すぐに立てられて前室が広いヒルバーグは、家のようにくつろげて、前室で3人で食事ができました」
ヒルバーグの故郷、スウェーデンを代表するロングトレイル、クングスレーデン450㎞を歩く。テントは2人用モデル、ナロ2GT。広い前室にバックパックやシューズなどの荷物を置けて、調理もらくらくできる。
 テントの構造上もっとも特徴的だったのは、フライシートとインナーテントが一体になっていることだった。

「インナーテントはフライシートに常時吊り下げられるかたちで、誰が張ってもふたつの生地の間に空間ができる構造でした。だから雨が降ってもインナーテントはドライで、室内まで雨が入ってこない。外気温が低くても、その空気層があるおかげでテントの中は比較的あたたかい。暑い日は複数のベンチレーターで高い通気性を確保できる。どんな天気でも快適に過ごすことができて、よく考えられているテントだなと感心しましたね」
シリコンで被覆したKerlonというオリジナル生地は、雨や風を弾き、摩擦にも強い。縫製箇所は、シーム・シーリングなしでも雨が染み込んでこない独自の技術を採用している。だから経年劣化を心配することなく、長持ちする。
 いいものは、熱意を持って伝えれば、国境をも越えて広がる。そんなA&Fのセオリーが実を結び、いまやヒルバーグは全モデル53点(タープやビバノラックなども含む)を展開する主力ブランドとなった。

「ブラック、レッド、イエロー、ブルーと4つのレーベルに分けて、ユーザーが選ぶ基準をわかりやすくカラーで表示しています。もちろん市場に出回っている山岳用軽量テントのようにもっと軽くすることはできます。だけど、そうすると耐久性が落ちてしまう。北欧スウェーデンを舞台に、ひとつの機能に偏らない絶妙なバランスを考えて、作られているテントなんです」

1 2
 
 
ライター
森山 伸也

越後の山村に暮らすアウトドアライター。一年を通して縦走登山、渓流釣り、山スキーと山遊びがメインだが、夏は犬とともにSUPで日本の川を下る。著書に『北緯66.6° 北欧ラップランド歩き旅』(本の雑誌社) →InstagramTwitterFaceBook

line_box_foot