line_box_head

THE COGHLAN’S CAMP——ホーボージュンの選んだコフラン10アイテムはこれだ!!

(2018.10.24)

道具のTOP

icon

勝ち取ったのはこの10アイテム。これらに加えて私物の耐風/耐水ストームマッチ、ファイヤースターター、キャンプクッカーもあるから余裕の表情だが、みなさまご安心を。このあと粗忽者の本領発揮です。

 ジュンさんがまっさきに選んだのはチューブテントとポリコード。「ムハハハ! これでさっきのような雨でも大丈夫!」。防水生地とロープがあれば小屋掛けができる。ペグや、支柱を埋め込むためのトローウェルを選んでいるあたりも抜かりない。パックグリルと私物のキャンプクッカーがあれば焼き物はOK。ストームマッチとファイヤースターターはあるから火は起こせるはずだったが……。
 
■チューブテント

1,620円(税込)
■サイズ:2.4m(組み立て時)■重量500g■素材:ポリエチレン
その名のとおりポリエチレン素材のチューブ。グロメット等は打っておらず、付属のロープで張るにはそれなりのスキルが必要になる

■ポリコード  

496円(税込)
■長さ:15.2m■素材:ポリプロピレン(外皮)、ポリエステル(芯)■耐荷重:45kg
6ミリの糸を編み込んだ丈夫なコード。外側はポリプロピレンで水を含まず軽量。手ごろな価格で長さも十分あり、気兼ねなく使える

■エマージェンシーブランケット

648円(税込)
■サイズ:132×210cm■重量:42g■素材:アルミナイズドポリエステル
アルミ蒸着の極薄ブランケット。防水防風なのでくるまれば体温を維持できる。わずか42gなので、いざというときのお守りにどうぞ

■GIカンオープナー(2ヶ入り) 

432円(税込)
■サイズ:2.3×5.3cm(収納時)
たたむと小銭入れにも入りそうな極小サイズながら、使い心地も悪くない。ニッケルメッキで錆びにくくシャープな切れ味を保つ

■コラプシブルカップ(2ヶセット)

604円(税込)
■サイズ:7.5×5.5cm、6.2×3.4cm(収納時)■容量:142ml■重量:113g■耐熱温度:90℃
蛇腹状に折りたためるカップ。あるとないとでは大違いだが、容量142mlは、ほんのひと口サイズ。意外に(失礼)中身は漏れない

■ABSテントペグ(6本入り)6インチ

410円(税込)
■長さ:15cm■素材:ABSプラスチック
安価で丈夫なABS製のペグ。アタマの部分には張り綱をかけるフックが付く。Y字断面で抵抗が大きく抜けにくい。ほかに9インチ、12インチも

■ツイストアンカー

432円(税込)
■サイズ:T32×W8cm■重量:62.4g■素材:アセタールプラスチック
ドリルのようにねじ込んで使う。保持力が高いので強風時も安心。水辺でサンシェードを固定するなどのレジャーユースでも頼りになる

■トローウェル

378円(税込)
■全長:27.7cm■重量:55g■素材:プラスチック
コフラン定番のショベル。プラスチック製で錆びずに軽量。あざやかなオレンジ色で置き忘れも防止。これ、説明いりますかねぇ?

■テレスコーピングフォーク

820円(税込)
■サイズ:86cm(最長)
伸縮可能で、先端に刺した食材を遠くから焚き火にかざせる。赤いダイヤルを回せば先端が回転。毎年夏には完売する隠れた人気商品

■パックグリル

1,512円(税込)
■サイズ:31×16.5cm■重量:350g
焚き火の上に鍋を置けるワイヤーグリル。テーブル代わりにもなる。足を畳めば平らで収納も楽という売りだけど、使用後はベタベタよ


 
 

【profile/ホーボージュン】 
全天候型フリーライター。6,000mの高所登山からシーカヤックの外洋航海まで、フィールドとスタイルを問わない自由な旅を続けている。『山と渓谷』『ビーパル』『PEAKS』『Field Life』などアウトドア各誌で連載中。公式Twitterアカウントは「@hobojun

 

(文=伊藤俊明 写真=sumi☆photo)

 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot