line_box_head

【A&F ALL STORIES】合縁奇縁。人と人のつながりから日本で開花した“アメリカの良心”「ペンドルトン」

(2018.01.05)

道具のTOP

icon

A&F ALL STORIES
第4弾は、創立から150年以上の歴史を誇る「アメリカの良心」ペンドルトン

 A&Fが扱う数多くのブランドのなかでも、とりわけ長い歴史を誇るのが「ペンドルトン(PENDLETON)」。19世紀当時、未開のアメリカ大陸北西部を明らかにしたルイス&クラーク探検隊、ペンドルトンの名は、彼らがたどりついた町の名が由来となっている。
1928年以降、ペンドルトンのマーケティングアイコンとして使われてきた“フレンドリースコット”。ネイティブ・アメリカンとの交流の長き歴史こそが、ペンドルトンがペンドルトンである理由のひとつ。
「当時は、アメリカを代表するスポーツナイフメーカーであるガーバー(GERBER)やコロンビア(Colombia)を扱っていたので、ポートランドにはよく行っていた。そのたびにペンドルトンに電話するんだけど、じつのところけんもほろろでね……」

 創業間もない1977年当時の模様を、赤津孝夫会長はそう振りかえる。

「当時の社長、モート・ビショップJr.さんは、第二次世界大戦で乗船していた船を日本軍に沈没させられたことがあり、ことに日本が嫌いだったんだよ」

 そんなとりつく島のない状況に一石を投じたのが、マティ鈴木という人物だった。

「マティさんは元々プロレスラーで、力道山の弟子だった。レスリングの本場であるアメリカのJr.ヘビー級で、NWAワールドタイトルを4年間保持したチャンピオンだったんだよ」

 マティ鈴木は、今年1月で御年80歳、傘寿を迎える。往年のプロレスファンなら誰もが知るジャンボ鶴田の先生でもあり、ジャイアント馬場がポートランドまで追いかけてくるほどのスター選手。そんなマティさんでも、日本嫌いのモートさんを口説くことに苦戦。何度電話しても断られ、会うこともできなかった。それでも諦めず、2年をかけてようやくその実を結ぶことができ、セールスレップとしてスタート。その後、アジア部門のインターナショナルセールスマネージャーを務め、ペンドルトン社内の賞を数度獲得する。

「モートさんは本当に頑固者だったから……マティさんだからこそ切り拓くことができたと思う。あの人の性格だから、四六時中一緒にいて、運転手をしたり、馬の世話をしたり、そうしてファミリーとして受け入れられ、社長が息子に変わった今も日本のコーディネーターとしてペンドルトンで働いている。マティさんなくして日本でのペンドルトンの展開はあり得なかったはずだよ。マティさんとはじつは非常に長い付き合いで、A&Fの創業から間もない77年に、冒頭に話したポートランドでの出会いが最初。コロンビアもやっていたからよく会っていたし、今も日本に帰国した際はいっしょに食事するよ」

1 2
 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot