• 道具

【NEWS】かつてない広さの前室をそなえたテントと、ゆりかごのような快適なエアマットがニーモから新登場!

2021.04.12 Mon

 近年発表される新作テントはおどろきの軽さだ。過酷な自然環境においても快適にテントステイを過ごせるよう、装備の「軽さ」を追求した開発者たちの情熱が感じられる。

 いっぽうで、2002年にアメリカで生まれたアウトドアブランドであるニーモ・イクイップメント(NEMO EQUIPMENT)は、テントを「家」として考え、軽量化のために機能や品質、居住性を犠牲にしないというポリシーだ。

 そのポリシーを具現化したテントが「ダガーリッジ ポーチ 2P」である。バックパッキング/キャンピングのハイエンドモデルであるダガーシリーズの最新テントとなる。

NEMO ニーモ ダガー リッジポーチ 2P 3P

 いちばんの特徴は、アーチフレームを使ってつくる大きな前室だろう。2人用、3人用いずれも3.9平方メートルの広さだ。キャンピングチェアであればふたつ入れてくつろぐことが可能だし、バイクや自転車だって格納することができる、かつてない広さだ。しかも、この広い前室は悪天候時にフルクローズ可能なので、あいにくの天気となるときも前室内で調理ができるし、バイクを雨に濡らすこともない。

 重量は2人用で2.71㎏、3人用で3.03㎏なので、近年主流となってる登山用テントよりは重さはあるが、テントそのものを担いで長時間歩くわけではないバイクパッキングやベースキャンプ用のテントとしては大活躍してくれるだろう。

 さらにもうひとつ、テント泊の快適さを増してくれるアイテムがニーモから新たに発売されている。まるでゆりかごのような最上級の寝心地を提供してくれるキャンプ用エアマット「クウェーザー 3D インシュレーテッド レギュラーワイド」だ。

NEMO ニーモ クウェーザー 3D インシュレーテッド レギュラーワイド

 ゆるやかにカーブを描いた、3Dボディマッピングパッフルが、体をマットの中央でやさしくサポート。さらに、頭部にすこし高めのバッフルをもってくる設計が、ラウンジチェアのような快適性をつくり出している。

 内部に断熱性の高いプリマロフト(Primaloft®)がラミネートされているので、オールシーズン使用可能だ。

 多目的に使用できる広い前室があるテントと、快適なエアマットは、アウトドアフィールド上で、まさに「家」にいるかのようにリラックスした最高の時間を約束してくれるだろう。

NEMO ニーモ ダガー リッジポーチ 2P 3P

■NEMO/ダガー リッジポーチ(DAGGER™RIDGE PORCH)
就寝人数:2P=2人 3P=3人
最小重量:2P=2.71㎏ 3P=3.03㎏
フロア面積:2P=2.9㎡ 3P=4.1㎡
前室面積:3.9㎡
素材:本体=40Dナイロン/メッシュ、フライ/前室部素材=40D Sil/Silナイロン、フロア素材=70D PeUナイロン
価格:2P=71,500円(税込) 3P=79,200円(税込)

NEMO ニーモ クウェーザー 3D インシュレーテッド レギュラーワイド■クウェーザー 3D インシュレーテッド レギュラーワイド(QUASAR™3D INSULATED REGULAR WIDE)
本体重量:850g
収納サイズ:23×Φ12.5㎝
素材:30D PUポリエステルRS(100%PCR/Bluesign認証)
断熱材:Primaloft(100%PCR)
厚さ:9㎝
R値:3.3
付属品:専用スタッフサック、コンプレッションストラップ、パッドポンプ、リペアキット
価格:21,450円(税込)

Latest Posts

Pickup Writer

ホーボージュン 全天候型アウトドアライター

菊地 崇 a.k.a.フェスおじさん ライター、編集者、DJ

高橋庄太郎 山岳/アウトドアライター

森山伸也 アウトドアライター

Muraishi Taro アウトドアライター

森 勝 低山小道具研究家

A-suke BASE CAMP 店長

中島英摩 アウトドアライター

麻生弘毅 ライター

小雀陣二 アウトドアコーディネーター

滝沢守生(タキザー) よろず編集制作請負

宮川 哲 編集者

林 拓郎 アウトドアライター、フォトグラファー、編集者

藤原祥弘 アウトドアライター、編集者

ふくたきともこ アウトドアライター、編集者

北村 哲 アウトドアライター、プランナー

渡辺信吾 アウトドア系野良ライター

河津慶祐 アウトドアライター、編集者

Keyword

Ranking

Recommended Posts

# キーワードタグ一覧

Akimama公式ソーシャルアカウント