line_box_head

ハイセンスなアウトドアブランド「CAUSWELL」がテンカラロッドをリリース

(2015.03.14)

道具のTOP

icon

画像

アウトドアを楽しんでいるスタッフたちが、さまざまな経験の中から自分たちのライフスタイルにフィットしたものを選びとった結果のプロダクト。分かってるブランドの分かってる製品が放つ、何とも言えないしっくり感が写真からも伝わってきます。

 リールは使わず、糸は竿先に結んだだけ。生き餌ではなく毛バリで魚と勝負する。日本伝統の「テンカラ」という仕掛けは徹底してシンプル。サッと取り出してスッと竿を振れる気軽さは、釣りを今まで以上に身近に楽しませてくれるんじゃないか。それにこのシンプルさはバックパッキングにも最適でしょ。そんなムードがここ数年、世界中で高まっています。

 加えて。海外では、このムダをそぎ落とした不自由さが東洋的なテイストを感じさせるとして、自然との調和を図る人たちからも「TENKARA」の名前で注目を浴びているわけです。

 ユタ州ソルトレイクに本拠地を置く「CAUSEWELL(コーズウェル)」はスキーやスノーボードウエア、アウトドアアパレルなどのデザインと製造で知られています。スノースポーツやサイクリング、釣りなどを楽しむスタッフたちが、本当に自分たちの好きなものを、品質を損なわないよう少量だけ作って、同じ考えを持つ人たちにそっと届ける。そんな考えに支えられた軸のぶれないセンスの良さが、今や世界中のアウトドアファンから注目されている実用主義的オシャレブランドです。

 今回、この「CAUSEWELL」が「TENKARA ロッド」を制作。自然のままの姿が残る小さな川で竿を振る。その楽しさを追求できるよう、ロッドはわずか68gと超軽量。さらにテンカラの気軽さを味わえるよう、竿を仕舞えるケースも付属しました。

 グリーンシーズンのハイキングや縦走の途中、ちょっと水辺で遊んでみる。そんな夢の一日を現実の世界に引き寄せるアイテムは、この春発売開始の予定です。

■CAUSWELL TENKARA ROD
• 8' rod - 6:4 action
• カーボンファイバー 振り出し式 20” to 8’
• コルクグリップ
• 68 g - ロッドのみ
• ファイバーグラスケース
• 保護袋

 

詳しくはこちらへ
HOOD DISTRIBUTION INC
http://www.hoodinc.jp

 
 
ライター
林 拓郎

スノーボード、スキー、アウトドアの雑誌を中心に活動するフリーライター&フォトグラファー。滑ることが好きすぎて、2014年には北海道に移住。旭岳の麓で爽やかな夏と、深いパウダーの冬を堪能中。

line_box_foot