• 道具

【NEWS】アスリートにも愛されるシダスのリカバリーサンダルが、在宅時間を快適にするアイテムとして人気急上昇中!!

2021.06.21 Mon

 長引く新型コロナウイルスの影響で、一日の大半を家の中で過ごすようになり、素足でフローリングの上を歩く時間が圧倒的に増えたと感じている人は多いのではないだろうか。

 素足で過ごすことは、一般的に健康によいことだといわれる。足裏は心臓に血液を送り返す役割を担っていることから、第二の心臓とも呼ばれ、たくさんのツボも集中しているからだ。しかし、素足で過ごすことにはメリットもあるが、デメリットもある。足の裏は平坦ではないので、体重が均等にかかるわけではない。そのため、一部に集中して圧力がかかり、タコや魚の目、かかとの痛み、ひいては体の歪みを引き起こす可能性もあるといわれている。

 そこで注目を浴びはじめているのが、素足のような快適さを保ちつつ、足裏や身体への負担を軽減する機能を持っている、シダス(SIDAS)のリカバリーサンダル「3Dサンダル」だ。なんと、主力モデルの「ランページ」の発売開始からの累計出荷足数が、昨年対比2.5倍で伸びており、一部サイズでは在庫切れにまでなっている人気ぶりだ。

シダス SIDAS 3Dサンダル 室内 サンダル リカバリーサンダル

シダス SIDAS 3Dサンダル 室内 サンダル リカバリーサンダル

 シダスは、1975年フランスで生まれて以来、世界45ヵ国以上で多くのトップアスリートから支持されている、インソール(中敷き)のグローバルブランドだ。

 そのシダスから発売された「3Dサンダル」は、もともとは室内で履く目的で開発された商品ではない。つねに身体のコンディションを気にするアスリートたちの、足の回復やコンディションアップをサポートするために「履くインソール」として開発されたのがこのリカバリーサンダルだった。それが、このコロナ禍によるテレワークでの腰痛や肩こり、姿勢改善やコロナ太り解消のために使用したユーザーからの口コミが広がり、自宅生活を快適にするための「室内履き」としても利用シーンを広げている。

シダス SIDAS 3Dサンダル 室内 サンダル リカバリーサンダル

 シダスの「3Dサンダル」は、かかとを安定させ、足にかかる圧力を分散させるインソールの構造が特徴。ソール部分は硬さの異なる4層構造になっている。世界各国で定評を得ているシダスインソールと同じ独自の立体形状インソールが、足元から崩れた体軸バランスを整えてくれるのだ。

 価格は7,480円(税込)と、スリッパのような室内履きとはくらべものにならない価格だが、姿勢や身体のバランスをキープするのを助け、足をすっきり軽くしてくれると思えば、お手ごろに感じられないだろうか。

 運動がなかなか思うようにできない昨今、いままでフィールドを駆け回っていた大事な足の「リカバリー期間」にして、家での生活のなかでしっかり足を労ってみるのもいいかもしれない。

シダス SIDAS 3Dサンダル 室内 サンダル リカバリーサンダル■シダス/3Dサンダル ランページ(Rampage)
カラー:トープ×ブラック、ゴールド×ブラック、ブルー、ブラック、スカイ、サンド×オレンジ
素材:アッパー=PUレザー+メッシュライナー、インソール=DC、ミッドソール/アウトソール=EVA
サイズ:22.0〜28.0㎝(1㎝刻み。ブラックのみ29.0㎝あり)
価格:7,480円(税込)
※3Dサンダルはほかに「ホリデー」「クロスフィット」「クルエラ」「シャイニー」「ゼブラ」もラインナップ。
※一部在庫切れのサイズあり。

Latest Posts

Pickup Writer

ホーボージュン 全天候型アウトドアライター

菊地 崇 a.k.a.フェスおじさん ライター、編集者、DJ

高橋庄太郎 山岳/アウトドアライター

森山伸也 アウトドアライター

Muraishi Taro アウトドアライター

森 勝 低山小道具研究家

A-suke BASE CAMP 店長

中島英摩 アウトドアライター

麻生弘毅 アウトドアライター、編集者

小雀陣二 アウトドアコーディネーター

滝沢守生(タキザー) よろず編集制作請負

宮川 哲 アウトドアライター、編集者

林 拓郎 アウトドアライター、フォトグラファー、編集者

藤原祥弘 アウトドアライター、編集者

ふくたきともこ アウトドアライター、編集者

北村 哲 アウトドアライター、プランナー

渡辺信吾 アウトドア系野良ライター

河津慶祐 アウトドアライター、編集者

Keyword

Ranking

Recommended Posts

# キーワードタグ一覧

Akimama公式ソーシャルアカウント