line_box_head

Tevaから自転車用ビンディングシューズが登場!

(2013.06.06)

ファッションのTOP

icon

画像

新しく登場したビンディングシューズ。スケートシューズのようなデザインで、言われなければビンディングシューズとは思えないストリート感

画像02

アウトソールのビンディング部分。写真はクリートを取り外したところ。ちなみにアウトソールはビンディング部分の先で柔らかくフレックスする。また、つま先部分のトレッドは、土や泥の登り坂で抜群のグリップ力を発揮してくれる

画像03

「CARBON」は効果的なペダリングと自転車を漕いでいても疲れない適度な固さをもったアウトソールを備えた。街中で自転車を愛用する人たちが求めていたカジュアルなデザインを実現

 Teva®と聞けば、まず思い浮かぶのはストラップ付きのサンダル。なんだけどね。アウトドアシューズのリーディングブランドとして意欲的な製品を送り出すTevaは、エクストリームなマウンテンバイクを意識したシューズなんかもデザインしてるって知ってた?

 6月5日に東京都内で開催されたTevaの新作発表会では、いくつかの魅力的なシューズがお目見えしたけれど、Akimama的に食いついちゃったのがコレ。

 「PIVOT(ピボット)」はTeva初のビンディングシューズ。見た目はまっったく普通のスニーカー。むしろスケートシューズに近いデザインなのに、ソールを見るとペダルにシューズを固定するクリートがネジ止めできるようになっているのだ! しかもソールからクリートが飛び出ないアウトソールを採用して、ムダな摩耗を防いでくれる。さらにさらに、嬉しいことにこのクリートは取り外し可能。歩く時の音や感触が気になるようならサクッとハズしちゃえばOK。一足のシューズで町を歩いて、そのままマウンテンバイクを楽しんでと、生活にマウンテンバイクが入り込んじゃってる人には見逃せないっしょ!とテンション上がりまくり。

 その他、カジュアルなファッションにも自然に溶け込むデザインを実現した「CARBON(カーボン)」なんかも見逃せない。こんなにオシャレなデザインなのに、ソールはしっかり踏み応えのある剛性感。自転車用シューズとしての機能をしっかり果たしているのだ。オマケにアッパーには防水加工を施したキャンバス地とレザーを使用。雨に遭うことも想定ズミ。加えてミッドソールの後ろ側と側面にはリフレクターを装備して安全性まで高めた。もう、スミからスミまで自転車好きのアイデアがてんこ盛り。

 「PIVOT(ピボット)」「CARBON(カーボン)」ともに、発売は2013年8月。近くのストアをTeva公式サイトでチェックして、現物に触ってみて!

「PIVOT(ピボット)」
サイズ:Unisex 21.0-30.0
カラー:Black、Light Grey
価格:19,950円(税込)
2013年8月発売

「CARBON(カーボン)」
サイズ:Men's 25.0-30.0
カラー:Black、Brown/Grey
価格:11,445円(税込)
2013年8月発売

Teva公式サイト
http://jp.teva.com

 
 
ライター
林 拓郎

スノーボード、スキー、アウトドアの雑誌を中心に活動するフリーライター&フォトグラファー。滑ることが好きすぎて、2014年には北海道に移住。旭岳の麓で爽やかな夏と、深いパウダーの冬を堪能中。

line_box_foot