line_box_head

ネイチャークラフト作家・長野修平さんが愛用するジャングルモックの魅力とは?

(2016.04.15)

ファッションのTOP

icon

MERRELLユーザーインタビュー
第1回/長野修平さん

山にある自然素材や古材を使って、様々な暮らしの道具を作っているネイチャークラフト作家の長野修平さん。アウトドア雑誌に連載を持つなど、「アウトドアの達人」として知られているけれど、アウトドアのデビューは、実は意外に遅かったという。

●森で見つけた自分の道。

「サラリーマン時代に、京都の出張に行った際に仕事が早く終わったので、そのまま帰るのがもったいないので、いろんなお寺を散策したんですね。あるお寺でドングリがバーッと一面に落ちていたんです。郷愁なのか、なんか不思議な気分になって。手に取ったら、ドングリの表情や形がひとつひとつ違っている。スーツのポケットにいっぱい入れて、持ち帰ったんですね。しばらく家に置いていたんですけど、ドングリが木にぶら下がっているイメージを人に伝えたいと思って、首飾りを作ったんです。水曜が私服デイでしたから、Tシャツに自分の作った首飾りを付けて会社に行った。そしたら、『どこで買ったの?』なんて聞かれて。『いいなぁ』なんて言われるとうれしくなって、作ってあげたりしていたんです」

「自分たちで使うものは作りたい。なんでも作りたいと思ってしまう」と長野さん。お子さんが小さな頃に使っていたスプーンも、長野さんのお手製のもの

 その時、長野さんは20代後半。時代はバブルだったけれど、長野さんは自然素材で作ることに惹かれ、野外へ出かけることが多くなっていった。そしてキャンプ道具を揃え、友人たちとキャンプへ。

「ネイチャークラフトを立ち上げた頃に、はじめてキャンプをしたんです。だから29歳か30歳だったと思います。それまでは寝袋で寝たこともなかったですから(笑)。春にキャンプへ行ったら、山菜を採って料理をするのが当たり前だと思っていたんです。そしたら仲間が『それ、何?』なんて聞くんです。もしかしたら、これって自分にしかできないことかなって。自分のやることに、目の前にいる人が喜んでくれる。その感覚がすごくうれしくて、自分の進む道がそっちかなって見えてきたんです」

 北海道の長野さんの実家は、山菜料理屋を営んでいた。小さな頃から、山菜を求めて藪に入っていくことは遊びのひとつであり、山菜料理も「当たり前」のことだった。けれどその当たり前のことが、都市で生活する人たちにとっては特別なことであり、羨ましいことだった。

2000年にはじめた田舎暮らし。しばらく借家住まいだったが、気に入った土地の購入を機会に、3年ほど前に引っ越してきた。「地に足を付けた暮らしがはじまりました」と長野さん

1 2 3
 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot