line_box_head

雪と音がコラボレーションする冬フェス。安比高原で1月27日に開催

(2013.01.21)

フェスのTOP

icon

画像

スキーの試乗会も開催

画像02

フードコートがフェスのメイン会場

画像03

2012年のこのライブで復活したcro-magnonに、飛び入りで参加したソイル&ピンプセッションズの社長

 岩手県北部の安比高原スキー場。東京から600キロ近く離れた北のスキー場で、今年も冬フェス「APPI JAZZY SPORT」が開催される。フェスの会場となるのはフードコート。土曜の夕方から日曜の朝までフードコートがフェスのための貸し切りとなる。土曜の夜には24時までゲレンデもオープン。ナイトスキーを楽しんでからライブをエンジョイするという猛者もいる。


 2007年にスタートした「APPI JAZZY SPORT」。「音楽とスポーツで世界をひとつに」を合い言葉にする音楽集団JAZZY SPORTとゲレンデの品質を基本姿勢にする安比高原スキー場がコラボレーションすることから、フェスとして起動した。「雪」と「音」を、高い水準で同時に楽しめる場所。それが「APPI JAZZY SPORT」。日曜にはスキーの試乗会も行われる。


 今年も豪華なミュージシャンがラインナップされている。仙台を拠点に活動を続けるヒップホップユニットのGAGLEのほか、三宅洋平、cro-magnon、田我流、七尾旅人など10以上のアーティストが、たった一夜のために集結する。
近くに「都市」はない。雪と音楽だけを楽しむための「APPI JAZZY SPORT」。回数を重ねるにつれ、東北だけではなく、東京からも多くのフリークスたちが安比へ向かう。それは、フェスが数多く存在するけれどここでしか味わえないものが「APPI JAZZY SPORT」には確かにあるからだ。

 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot