line_box_head

利根川の河川敷で行なわれるDIYスピリットあふれるTONE RIVER JAM。無事の開催を祈る。

(2014.08.07)

フェスのTOP

icon

画像

前売りが、1ドリンク着いて2500円。当日券でも3000円。以前はフリーで開催されていた。

画像02

利根川の河川敷に、3つのステージが設営される。晴れた場合は暑さ対策も忘れずに。

画像03

夕方になると、都市とは違う涼しさを感じさせてくれます。台風の被害を受けずに、無事に開催されますように。

 7月最終週のフジロックから、旧盆のライジングまでの期間は、4大夏フェスが次々に開催されます。数万人を集めるビッグフェス。日本の夏の新しい文化。けれど、夏フェスは、ビッグフェスだけではありません。上野から 常磐線で30分あまりの利根川の堤防で開催されるのが「TONE RIVER JAM」。

 2006年にスタートした「TONE RIVER JAM」は、初回からしばらくは、無料で行なわれていました。音楽を多くの人に伝えたい。気軽にフェスに足を運んでもらいたいという気持ちがそうさせたのでしょう。去年からフリーではなくなったものの、それでも1ドリンク付きで、前売り2500円という低価格。これが実現できるのは、ステージも自分たちで作り上げるDIYスピリットです。

 2500円の入場料とはいえ、出演するバンドは充実。NAMBA69、渋さ知らズオーケストラ、Dachambo、cro-magnonなど、各地のフェスで人気を集めているバンドやDJが集結します。

 台風11号が接近している週末。今のところ、関東に台風が接近しそうなのは月曜日。今日もステージを作り上げている「TONE RIVER JAM」スタッフや、毎年のようにこのフェスを楽しみにしているファンの思いが、天にも通じるはず。

TONE RIVER JAMTONE RIVER JAM

開催日:2014年8月10日
開場:9:00/開演9:30
会場:千葉県柏市 利根運動広場

前売り¥2,500(1ドリンク付)/当日¥3,000(1ドリンク付)
※小学生以下無料
※ペット同伴可(リードを必ずつないで下さい。トイレの始末を徹底して下さい。)

 
 
ライター
菊地崇 a.k.a.フェスおじさん

フェス、オーガニック、アウトドアといったカウンターカルチャーを起因とする文化をこよなく愛する。フェスおじさんの愛称でも親しまれている。

line_box_foot