line_box_head

ファミリーで楽しめるフェスが広がっている?千葉から山陰へ会場を移すハローニューデイ。

(2016.09.21)

フェスのTOP

icon

画像

昨年まで千葉の一番星ビレッジを会場にしていたハローニューデイ。ZOZOTOWNがプロデュースするだけあって、会場の雰囲気はファッションセンスが溢れていた。

画像02

ゆったり1日を過ごしてもらうキャンプイベント。ライブは24日のみということもあって、日帰りのチケットも発売されている。地元の方にも気軽に来てほしいという思いが現れている。

画像03

「グランピングという言葉が日本で一般化される前から、グランピングを体現していたのがFBI DAISEN」と児玉さん。

画像04

FBI DAISENは2015年4月にオープンした、まだ新しいキャンプ場。キャンプ場内から、大山の頂を望める自然環境も抜群。

 キャンプ、ワークショップ、ライブ、ショッピング…。自然に触れながら、のんびりと1日を過ごし、また新しい1日を迎える。そんなことをコンセプトにしたフェスが「HELLO NEW DAY!」。去年まで、千葉のキャンプ場で開催されていたが、今年は、鳥取に場所を移して行われる。都心から車で70分程度の千葉から、700キロも離れた大山へ。これほどまでに、別の地域へ移動してフェスが続けられる例は、今までにほとんどなかったのではないだろうか。

「私が去年FBI DAISENさんでCAMPした際に、このキャンプ場に感動し、この地でフェスをしたいなと思ったのがきっかけです。そして、主催側で話し合い、FBI DAISENさんのご協力もあり、今年から『HELLO NEW DAY!』を開催することになりました」と語るのは「HELLO NEW DAY!」のオーガナイザーであり、ZOZOOUTDOOR店長の児玉さん。

 今では日本全国でフェスが開催されているが、山陰で行われるものは少ない。キャンプインとなれば、なおさらだ。きっと「HELLO NEW DAY!」でキャンプイン・フェスを初めて体験するという人も少なくないはずだ。キャンプイン・フェスというカルチャーの裾野を広めるという部分でも、このチャレンジは注目に値する。

「イベント内容は一段とパワーアップしました。曽我部恵一やオーサカ=モノレールといった豪華アーティストのライブ・DJをはじめ、ノルディスク、チャムス、ナンガ、ネイタルデザインなどのブランドマーケット&ワークショップ。その他、移動ふれあい動物園や移動映画館まで登場します。しかも小学生以下は無料。おしゃれでほのぼのした雰囲気は継承しつつ、より親子で楽しめるキャンプイン・フェスにします」と児玉さん。

 鳥取・大山で開催される「HELLO NEW DAY!」。人を集めるフェスやイベントとなると、どうしても大都市からのアクセスを考えてしまいがちだが、遠いからこその魅力も必ずあるはずだ。
 
HELLO NEW DAY!

開催日:9月24日(土)〜25日(日)
会場:鳥取県伯耆町・FBI DAISEN
コンテンツ:曽我部恵一(ライブ)、オーサカ=モノレール(ライブ)、RIDDIMATES(ライブ)、河合桂馬(DJ)、森の映画館、ふれあい移動動物園、CHUMS(ワークショップ)、他
マーケット:NORDISK、NANGA、CIEL BLEU、NATAL DESIGN、他

 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot