• フェス

富士山が目の前にドーン! キャンプインには最高の時季の「青空camp」代表にインタビュー

2017.05.17 Wed

菊地崇 a.k.a.フェスおじさん

菊地崇 a.k.a.フェスおじさん ライター、編集者、DJ

 東日本大震災をひとつのきっかけにスタートしたキャンプインフェス、青空camp。福島の子どもたちを会場である朝霧高原に招待し、キャンプという時間のなかで思いっきり遊んでもらうことを開催の大きな目的としていた。今年で6回目の開催となる。

「青空campは『キャンプが半分、音楽が半分』ということがコンセプトです。そのためライブがあるのは20日の土曜のみです。二日目もゆっく遊んで、後片づけまで楽しんでいただきたいので、最終退場時間は14時とさせていただきました。ハートランド朝霧は富士山が目の前にある素晴らしい環境です。特にこの季節は湿度もそれほど高くないため、晴れていれば富士山や星空がとんでもなく美しく見えます。昼はTシャツでライブが楽しめ、夜は焚き火を囲んでゆっくり過ごす。キャンプインフェスとしては、絶好の時期と場所だと思っています」と青空camp代表の白井眞樹さん。

 今年、レレチャリというコンテンツが加えられている。これは青空campに毎年出演を続けているハンサム判治さんが福島の子どもたちにウクレレを送るという活動だ。

「青空campでは、1日目のライブ終了後にみんなで焚き火を囲んでウクレレを弾いて、その場で募ったドネーションを寄付しようと考えているんです」

 東日本大震災から6年が経過し、東北への関心が少しずつ低くなっている現状にあって、少しでも東北に向けた想いをフェスの時間のなかで構築すること。これはこのフェスが続く限り、必ず何らかのスタイルで残されていくのだろう。

「参加者のみなさんのおかげもあり改善や成熟は感じています。微力ながら継続させていただいている福島や東北との関わり方も年ごとに変化しています。ただ『楽しむことを忘れない』『楽しむ場所と時間を創る』という根本の部分は変わっていません。楽しむって単純ですけど、すごく大きな力だと思うんです。辛いことや悲しいことがあっても、楽しいことがあれば気持ちが助けられるし救われる。僕は青空campに限らず野外フェスは出会いの場だと思っています。音楽・人・お店・ご飯・会場との出会い。さらに言うなら一緒に遊びに行った家族や仲間の大切さに改めて気付くのもひとつの出会いだと思います。青空campの2日間を通して、何かに出会い、思いっきり楽しんでいただきたいです。今年も富士山の麓に最高の空間をご用意してお待ちしております!一緒に自由に遊びましょう」

 青空campは決して大きいフェスではない。小さいからこそ、そこにいる人すべてが繋がれるような感覚になれるのかもしれない。そこにいることが心地いいし、楽しいと感じられるキャンプインフェス。フェスという時間が持つ共有感を青空campでは確かに得られるはずだ。

photo = Akiko Sato

青空camp2017

会期:5月20日(土) - 21日(日)
会場:ハートランド・朝霧
出演:光風&GREEN MASSIVE、RAMMELLS、トレモノ、宇田川別館バンド、SARATOGA、SAIRU、ハンサム判治

Latest Posts

Pickup Writer

ホーボージュン 全天候型アウトドアライター

菊地崇 a.k.a.フェスおじさん ライター、編集者、DJ

高橋庄太郎 山岳/アウトドアライター

森山伸也 アウトドアライター

Muraishi Taro アウトドアライター

森 勝 低山小道具研究家

A-suke BASE CAMP 店長

中島英摩 アウトドアライター

麻生弘毅 アウトドアライター、編集者

小雀陣二 アウトドアコーディネーター

滝沢守生(タキザー) よろず編集制作請負

宮川 哲 アウトドアライター、編集者

林 拓郎 アウトドアライター、フォトグラファー、編集者

藤原祥弘 アウトドアライター、編集者

ふくたきともこ アウトドアライター、編集者

北村 哲 アウトドアライター、プランナー

渡辺信吾 アウトドア系野良ライター

河津慶祐 アウトドアライター、編集者

Keyword

Ranking

Recommended Posts

Akimama公式ソーシャルアカウント

# キーワードタグ一覧