line_box_head

本当に子どもたちだけでキャンプができるのか?   子どもの生きる力は野外で鍛える! 

(2015.04.01)

アウトドアのTOP

icon

KIDS camp logo

未来の地球を受け継ぐ子どもたちとその親に、自然に寄り添い、生きる力を育んでもらいたいという思いからこのスクールをスタートした。このスクールでは、子どもたちの冒険心を呼び起こし、自然に触れることで得られる体験や知識、仲間とともに学び成長する喜び、そして自分の限界に挑戦する飽くなき探究心を育てるのが狙い

KIDS CAMP2

講師はビーネイチャースクールの長谷部雅一さんと蓮池陽子さん。きっと子どもだけでなく大人も学びのあるキャンプになるに違いない

KIDS CAMP3

テントも自分でたてて、料理も自分で作ってみる。最初はちょっと不安だったけど、子どもはすぐになれてしまうものです

KIDS CAMP4

イベント会場内の散策をはじめ、各ワークショップへの参加やお父さんお母さんのためのランチづくり、夜の焚き火や自然観察などプログラムは盛りだくさん

 日々、子育てに奔走しているお母さん、お父さん! 子どもを育てることに一生懸命になっていて、子どもが本来持っている生きる力を忘れてはいないでしょうか。子どもには生き物として、そもそも、自ら育つ力が備わっています。それを温かく見守るのが、親の仕事であり、子育てではないでしょうか。しかし、近年は親も子も、自らを信じることができないばかりに、情報に振り回され、あれこれ不安になり、お金で子どもの未来を担保しようとしています。

 そんななか、THE NORTH FACE KIDS NATURE SCHOOLでは「子供たちだけではじめてのキャンプ」と題したイベントを実施します。これは、マンモスパウワウミュージックキャンプ&フェスティバルという野外イベントのなかで行なわれる企画で、2日間、親から離れ、子どもたちだけで、テントを張って、食事を作り、焚き火を起こし、闇夜を過ごします。衣、食、住、遊、のすべてを子どもたちだけで行ないます。「冒険」「挑戦」「仲間」をテーマに、“はじめてのキャンプ”を通して、きっと、子どもたちのキラキラとした生命力が輝き出すにちがいありません。また、それは、なかなか子どもの力を信じることのできない現代の大人にとっても、子どもたちの力に気づく、いい経験になることでしょう。野外活動や外遊びは、そんな子育ちの力を、子どもも親もあらためて理解できるいい機会なのです。

 また、キャンプは初めてだけど行ってみたい! そんな方たちのために、事前講習会として、何から始めて何を持っていけばいいのか、キャンプを楽しむコツを学べるワークショップも開催。自然を通じて子育てをすることの楽しさ、またそこから見える新しい家族のライフスタイルについて、お菓子やドリンクを飲みながらいっしょに楽しく話すことができます。

THE NORTH FACE KIDS NATURE SCHOOL
@manmoth pow-wow music & camp festival 2015

日程:2015年5月9日(土)9:00~10日(日)14:00
*
募集締め切り:2015年4月26日(日)
場所:西湖PICAキャンプ場@manmoth pow-wow music & camp festival 2015

参加費:親子ペアチケット 27,000円(追加 子供¥21,000 大人¥6,000)
対象:小学校1年生以上 子どものみ
募集人数:30名
集合・解散:mammoth pow-wow music & camp festival 2015
     THE NORTH FACE KIDS NATURE SCHOOL特設会場

*詳細はコチラ
*お申し込み方法:PICA予約センター(0555-30-4580)にてお申し込みください。

●ワークショップ
マンモスパウワウキャンプ事前説明会

日時:2015年4月5日(土) 9:30~10:45
参加費:無料 定員:親子15組 30名
開催場所:THE NORTH FACE KIDS 原宿
ご予約・お問合せ: 03-6433-5218

 
 
ライター
滝沢守生(タキザー)

本サイト『Akimama』の配信をはじめ、野外イベントの運営制作を行なう「キャンプよろず相談所」を主宰する株式会社ヨンロクニ代表。学生時代より長年にわたり、国内外で登山活動を展開し、その後、専門出版社である山と溪谷社に入社。『山と溪谷』『Outdoor』『Rock & Snow』などの雑誌編集に携わった後、独立し、現在に至る。

line_box_foot