line_box_head

超速報! フジロックで朝霧JAM出演者が発表されたぞ!!

(2018.07.27)

フェスのTOP

icon

 数年前まで、開催直前まで出演アーティストの発表がなかった朝霧JAM。朝霧JAMには、どんなアーティストだろうが毎年行くという朝霧ファンが多いのも確かだけれど、出演者が気になるというファンももちろん多い。

 フジロックの前夜祭。レッドマーキーでのオープニングを飾ったのはキューバのインターラクティーボ。そのライブの余韻を楽しみながら、ステージ後方に向かっていったら、朝霧JAMのラインナップが発表されていたボードを発見。そのラインナップを見ると、やはり朝霧は特別な秋フェスなんだっていうことを感じる。

 秋フェスも開催される数が多くなって、ラインナップがどこも似ているような印象を受けてしまうのだけど、ジョン・バトラー・トリオ、ゴーゴー・ペンギン、ヨラテンゴ、ジェイ・ロック、ノレッジ、スネイル・メイルなど、オーストラリア、イギリス、アメリカ、ジャマイカなど世界各国からアーティストの招集は特別だ。他の秋フェスにはこの多様さはない。

 日本のアーティストも注目度が高い。フェスのなかでも常に独自性のあるステージを展開しているBOREDOMSがどんなライブをするのか。去年のルーキーアゴーゴーに出演して、今年のメインステージの出演枠を獲得した女の子4人組のCHAIはどんな進化をしているのか。フジロックにいながら、今年の秋の富士でどんな時間が展開されるのか夢想している。

朝霧JAM 2018
開催日:10月6日(土)〜7日(日)
会場:富士山麓 朝霧アリーナ

BOREDOMS、CHAI、SAKURA FUJIWARA、GA-PI、GO GO PENGUIN、JOHN BUTLER TRIO+、J.ROCC、KNXWLEDGE、KID FRESINO、mabanua、mouse on the keys、ムジカ・ピッコリーノ、NAO KAWAMURA、never young beach、SNAIL MAIL、TENNYSON、YOUR SONG IS GOOD、YO LA TENGO

 
 
ライター
菊地崇 a.k.a.フェスおじさん

フェス、オーガニック、アウトドアといったカウンターカルチャーを起因とする文化をこよなく愛する。フェスおじさんの愛称でも親しまれている。

line_box_foot