line_box_head

【mabanuaインタビュー】いつまでも古くならない音を追い求めた時間。

(2018.08.28)

フェスのTOP

icon

Ovallのドラマー&トラックメイカーとしてだけではなく、数多くのアーティストのプロデューサーとして日本のみならず海外からも絶大な支持と注目を集めているmabanua。6年ぶりとなる新作を発表。そして朝霧JAMのステージにバンドセットで立つ。

●6年ぶりのソロアルバムに込められた音。

–––– 6年ぶりのソロアルバム『Blurred』がリリースされました。

 気がづいたらそのくらい空いてしまったというのが、今の本当の気持ちなんです。作ってはみるものの、なんかもうひとつ自分ではおもしろくないというか満足できない状態が続いて。賞味期限として長くないものができてしまっているような感じがしたんです。一回できたものを作り直したりして、それを繰り返していたら6年経っていたという感じです。最近気がついたんですけど、自分に対してすごく厳しいらしいんですよ。そう人から言われる。だから他の人が「いいじゃん」と言ってくれていても、自分のなかでは納得いっていないということが多いんです。

–––– 自分の音に対して問いかけが常にあるからこそ、聞こえて方も違ってくるのではないですか。

 最初は衝動的に作って「あ、いいのできたじゃん」って思えても、半年経つとまったく違ったものに聞こえてきたりするんです。その時に、一体どっちの感情が正しいのかと考えてしまう。はじめて聞く人にとって、自分が衝動的にバッと作った時と同じ心境になるのかなって思えばそれがありなんだと思えるし。逆に時間が経ってなんか違うなって思ったら、一般的に聞いている人がそう感じるのかなって思ったり。どっちなんだろうっていうのがずっとあって。今回、日本語で歌っていることも大きいんでしょうけど。

–––– 日本語の曲ははじめてですよね。

 客演とかでちょこっと歌ったりしたことはあったんですけど、自分の作品でははじめてです。いわばお洒落に聞こえるサウンドに英語を乗せるって、ある部分では簡単なことでもあるんです。それってどうなんだろうなって思うようになって。前にはカフェミュージックというようなコンピレーションに入っていたりすることがけっこうあって、もうちょっと違うところに行きたいなっていう思いがずっとあったんですね。それを追い求めていた6年だったのかもしれないですね。

–––– この6年の間にOvallは活動を休止し、そして復活しました。

  Ovallを休止していても、忙しいくらいにいろんなことをやっていたんですよ。Ovallを休止したから、じゃあ自分のことに集中できたかっていうとそうでもなくて(笑)。

–––– 最初にソロを作ったのはいつだったのですか。

 リリースしたのが2008年でした。

–––– その第1作はどんなことをコンセプトに作られたのですか。

 世の中的にヒップホップが流行っていた時期なんです。しかももうちょっと生楽器よりのヒップホップが流行っていて、セールス的にはジャジーヒップホップとか当時は言っていましたね。今、ヒップホップが流行っていてそれが第二次だとしたら、第一次で流行っていた時。この間にはEDMとか、もうちょっとテンポの速かった時代があるんですけど。その第一次ブームの時にある程度形式があったんです。90から90中盤までのBPMで、ための効いたビートでローズピアノが鳴っていてサンプリングビートもあって。その上にR&Bっぽい歌やラップが乗っているというような。そんな形式があって、2006年2007年頃まではそれに沿ってやると売れやすいっていう時代でした。その波が終わりかけた頃にアルバムを出しちゃったんで、ブームの良さも感じながらも、ブームの冷たさみたいなものも感じたりしていたのが最初のアルバムでしたね。コンセプトはあるようで、周りの状況に合わせていたような部分もあったかもしれないです。

–––– 今またヒップホップが注目を集めています。ヒップホップって言っていいのかどうか悩むものも多いけど。

 2008年のことを考えると、もしかしたらあと1年か2年したらこのブームも終わっちゃうのかなとも思う。バンドとかインスト問わずですけど、現在ではブラックミュージックがいろんな音楽に入り込んでいるので、自分がすごくやりやすい環境ではあるんです。それがもし1年か2年で終わるっていう仮定をした時に、自分はどうすべきかっていうことを考えたら、5年10年という時間で残っていく作品をアルバムとして作っていかなくっちゃいけないなって思うようになって。今みんなが何をやっているのかとか、何が受け入れられやすいかっていうことは、あまり考えない方がいいんじゃないかって思って。

–––– 演奏もプロデュースも、ほぼ一人で作っているわけですよね。音とどう向かっているのですか。俯瞰して聞いているのですか?それとも執着している?

 作りはじめの頃は近くで見ていて、終わりに向かって俯瞰に移っていくという感じです。今回はミックスも自分でやっているんですけど、ミックスの時は俯瞰してひとつの作品と、向き合っているという感じです。

–––– 他のミュージシャンのプロデュースをしている時も同じようなスタンスなのですか。

 他のミュージシャンをプロデュースしている時は、ほぼ俯瞰で見ていますね。自分に入り込むっていうことはないです。Ovallでは俯瞰で見ていることが半分、没頭しているのが半分。それがずっと続いているような感じですね。

–––– アルバムやCDに対するこだわりは強いですか。

 作った先品を、ものとしてせめて紙ジャケットのアルバムかアナログのどっちかで残したいと思っていますね。それは今だけではなく、これから先もずっと自分が死ぬまで。ただアルバム収録12〜13曲というフルアルバムの尺でずっと続いて欲しいかって聞かれると、必ずしもそうじゃなくていいのかなって思う。EPの5〜6曲くらいのサイズ感っていうか、あのサイズ感が最近の自分のなかでは好きだったりするんですよ。

–––– EPは確かに聴きやすいかもしれない。集中できる時間というか。

 ストーリーを考えて13曲目にすごいいい曲を持ってきても、配信ではみんな13曲目までたどり着いてくれているのかなって、ちょっと不安な部分もあります。6曲くらいなら最後まで聞けて、適度な密度があって「もう終わっちゃったの?もう一回聞きたい」ってなる曲数かなって思って。

–––– 20代のミュージシャンに聞くとリリースの形にあまりこだわっていないという返答も少なくないのですが。

 自分の若い時もそうでしたけど、昔の良さを気にしないみたいことがいいとされる風潮があるかもしれないんですよね。例えばCDであれば12〜13曲をフルサイズで入れるとか、自分の先輩がやってきたことや昔から続いてきているリリースの仕方みたいなものを、僕はすごくリスペクトしたいと思っています。音楽の作り方もそうですけど、残すべきものとそうじゃないものを見極める視点の確かさは持っていたいと思います。

1 2 3
 
 
ライター
菊地崇 a.k.a.フェスおじさん

フェス、オーガニック、アウトドアといったカウンターカルチャーを起因とする文化をこよなく愛する。フェスおじさんの愛称でも親しまれている。

line_box_foot