• 料理

もう食べた? 行動食の革命児「CLIF BAR」

2013.03.09 Sat

宮川 哲

宮川 哲 アウトドアライター、編集者

「CLIF BAR(クリフバー)」といえば、知る人ぞ知るアメリカで大人気を誇るエネルギーバー。厳選された自然素材を使った自然派エネルギーバーとして、北米のアスリートやアウトドアの愛好家たちに愛され続けているアウトドア食品の逸品です。発売開始からもう20年も経っているというのですから、驚きです。

 このCLIF BARですが、今年の2月に日本に初上陸したのはご存知ですか? なので、日本の市場にとっては新顔なのです。エネルギーバーの類いによくあるネチョッとしてあま〜い口当たりは皆無で、むしろサッパリとしていながらもパサパサ感はなく、適度な湿気が保たれていることで、ありがちな「口の中が乾く」ようなこともありません。それでいて、食べごたえは申し分なし。なるほど、人気が出るのもわかる気がします。

 でも、それだけではないところがCLIF BARのスゴいところなんです。自然素材にこだわったとは冒頭にある通りなのですが、オーツ麦、フルーツ、ナッツ、玄米などをベースにしてつくられており、人工甘味料や人工調味料、保存料はまったく使われていません。炭水化物、タンパク質、食物繊維がバランスよく組み合わさった「自然携帯食」とでも言うべきでしょうか、なんとも摩訶不思議なエネルギーバーなのです。

 あくまでも個人的にですが、いままでのエネルギーバーのイメージには、人工材料をたくさん使って半ば強引に身体にパワーを生み出させているような、ちょっと後ろめたい感覚を持っていたものです。でも、このCLIF BARは自然食そのものなので、あの、そこはかとない罪悪感とは無関係です。むしろ、身体がヨロコブ食べ物、とでも言えるでしょう。エネルギーバーというよりも、焼き菓子を食べているような幸福感さえ生まれてきます。

 ひとつ68gという軽さも魅力。バックパックに入れておけば、いつでもどこでも「おいしい」エネルギーチャージができるでしょう。しかも、種類が豊富なのもCLIF BARの特徴のひとつです。本国、アメリカではなんと19種類もの味で販売されているそうです。いま、日本での取り扱いは、そのうちの6種類です。ちなみにお味は、チョコレートチップ、クランチピーナッツバター、オートミールレーズンウォルナッツ、ブルーベリークリスプ、チョコレートアーモンドファッジ、ホワイトチョコレートマカデミアナッツの6つです。どれもこれも、お菓子かケーキの名前みたいですよね、ホント。

 価格は1本250円。伊勢丹の新宿店やナショナル麻布マーケットなどでも販売されているほか、さかいやスポーツや好日山荘、ODBOXなど、山やアウトドアの専門ショップでも販売されています。もっと詳しくCLIF BARを知りたい人は、コチラへどうぞ。

Latest Posts

Pickup Writer

ホーボージュン 全天候型アウトドアライター

菊地 崇 a.k.a.フェスおじさん ライター、編集者、DJ

高橋庄太郎 山岳/アウトドアライター

森山伸也 アウトドアライター

Muraishi Taro アウトドアライター

森 勝 低山小道具研究家

A-suke BASE CAMP 店長

中島英摩 アウトドアライター

麻生弘毅 アウトドアライター、編集者

小雀陣二 アウトドアコーディネーター

滝沢守生(タキザー) よろず編集制作請負

宮川 哲 アウトドアライター、編集者

林 拓郎 アウトドアライター、フォトグラファー、編集者

藤原祥弘 アウトドアライター、編集者

ふくたきともこ アウトドアライター、編集者

北村 哲 アウトドアライター、プランナー

渡辺信吾 アウトドア系野良ライター

河津慶祐 アウトドアライター、編集者

Keyword

Ranking

Recommended Posts

# キーワードタグ一覧

Akimama公式ソーシャルアカウント