line_box_head

【勝手に、ホットサンドメーカー選手権!!】ホットサンドがあまりにもおいしかったので、いろんなメーカーを試してみました。

(2018.11.14)

道具のTOP

icon

 先日、あるキャンプインフェスで朝ごはんにホットサンドを食べたんです。スクランブルエッグ、ハム、チーズの王道のホットサンドだったのですが、これがめちゃくちゃおいしかった。じつは、ここ数ヶ月ずっとホットサンドメーカーを買おうとしていたので、これは真面目に探そうと決めた瞬間でした。躊躇して買わずにいたのは、決め手が見つけられなかったからなのですが、いろんなメーカーの器具を実際に使って見比べればこれはわかるんじゃないかと。

 でも、そんなことひとりではできない。そこで、みんなの協力を仰ごうということで、ちょっと呼びかけたらたくさんの仲間が協力してくれまして、ホットサンドメーカーがめっちゃ集まりました。

 値段もさまざま、素材もいろいろ。ネットで見るだけではちがいがわかりにくかっただけに、総勢12種類のホットサンドメーカーを前にして、やっぱり実物を持って使ってなんぼ!! と確信した次第です。ということで、さまざまなメーカーを試したHALの「ホットサンドメーカー選手権」のはじまりでーす。

■それぞれ一長一短、使う場所と素材によってちがうホットサンドメーカーたち
仲間たちから貸してもらったホットサンドメーカーたち。試した感想はあくまでもHALの主観です。また、現在販売しているものとちがうモデルもありますので、あくまで参考程度に読んでくださいねー。

 ホットサンドメーカーを集めてまず思ったのが、こんなにも重さがちがうのか! ということ。そう、使っている素材がそれぞれちがうので当たり前ですね。重いからいいというわけでもなく、特性と焼き加減、使い勝手によって選ぶ必要がありそう。

もっとも軽量だったのがコレ
01 ヨシカワ「あつあつホットサンドメーカー」
サイズ:350×150×32mm
本体重量:約350g
材質:本体/アルミニウム合金(1.8mm)・フッ素樹脂加工、ハンドル/フェノール樹脂
価格:2,700円(税込)

 いろいろな通販サイトを検索すると必ず出てくるメーカーです。軽いからといって使いにくいわけではなく、フッ素加工をしてあるのでこびりつくこともなく、洗いやすい。分割もできるので、卵を焼いてベーコンを別になんてこともできる。いうなれば万能タイプ。そしていちばんお値段もお安い! あれこれでいいじゃんって思っちゃうやつでした。
 

もっとも重かったのはコレ
02 Oigen(オイゲン)「南部鉄器 ホットサンドメーカー」
サイズ :143×123×417mm
重量:1500g
材質:鉄
価格:6,480円(税込)

 南部鉄器は日本が誇るすばらしい技術のひとつ。かなり重さがあり重厚なつくり、取っ手部分も鉄でできているので、分厚いパンでもしっかりプレスできます。重いのでずっと持ち続けているのは正直しんどいかな。焚き火台に網のせて、その上に置くといいかも。直火オッケーの最たる一品で焚き火にも炭火でもガンガンいけるつくりです。キャンプでワイルドに魅せたい人にオススメです。ただ、ダッチオーブンなどといっしょではじめに油をなじませたり、洗剤で洗ってはいけなかったりとお手入れが必要です。お値段は6,000円とちょっと悩む金額。でも、メンズはこういう面倒くさいのが好きなんでしょうねー。

 

あれ? 重さで値段が決まるのか? ってわけではなくもっとも高かったのはコレ
03 スノーピーク「ホットサンドクッカー トラメジーノ」 サイズ:(最大)190×330×30mm
収納サイズ:210×190×30mm
重量:850g
材質:(本体)アルミダイカスト(内側:フッ素樹脂加工)、金属・(ハンドル)ステンレス、グリップ:竹集成材
価格:7,884円

 あ、やっぱりスノーピークさんですよね。でもお値段なりの機能が詰まっているのです。そう、他にはない、取っ手が折りたためるという機能がついているのです。収納という点でこれは大きいです。どのメーカーのものも案外長い取手がついています。それがトランスフォーマーのごとく折りたためるのです。収納する専用袋もあったりして。そして、2枚同時に焼ける! やばい、これは欲しくなるわー。ただ、サイズ的に耳を落とした食パンじゃないと入りません。そこがカリカリになるのでおいしいんですけどね。
 

お値段といえばかわいいこの子もそれなりに高かった。
04 チャムス「ホットサンドウィッチ クッカー」
サイズ:15×35cm
重量:490g
本体素材:アルミニウム合金(フッ素樹脂膜加工)
ハンドル素材:ステンレス、フェノール樹脂
価格:5,184円

 えー、チャムスのブービーちゃんがついているから高いのかなぁ? いやいや、そうでもない。素材もちゃんとこだわった新潟県燕三条製の一品なのです。お手入れの点もバッチリ、フッ素加工なので洗いやすい。そしてヒンジの部分がシンプルにできているので、簡単に外せます。つくるうえでも、これは大きい。ちょっと厚みもあるので、6枚切りの食パンに欲張って材料をいれても大丈夫。かわいくて、使い勝手もよかったら、これもいいかもね。
 

かわいいといえば、昔あったなーというホットサンドメーカー。
05 キャラクターホットサンドメーカー
※現在販売されていないため詳細不詳

 こちら、昔使っていたものを引っ張り出してきたもの。どこのご家庭? にも一台はあったのかな? プーさんとかウルトラマンとか子ども向け絵柄がつくタイプ。そういえばAkimama編集部員にも持っているかと聞いたところ、うちにもプーさんのあるよって言っていたなぁ。

1 2 3
 
 
ライター
HAL

移動型オーダーパティシエ。キャンプよろず相談所で各地のフェスに出没。スノーボードとスケートボードをこよなく愛し、コーチもこなす。結局、なんでも屋。HAL presents

line_box_foot