line_box_head

クリスマス登山に最適なお手軽山ゴハン!! スモークドオイスター×ビスコットのあつあつフォンデュ

(2014.12.22)

ごはんのTOP

icon

xmasgohan1

こちらが、あつあつフォンデュに必要な材料です。オイルでグツグツしてオイシそうなものであれば、なんでもいいですけどね。ポイントはビスコット。これ、山ごはんの食材として抜群にいいと思います。コパンとか、類似表品はいろいろとありますが、プレーンなのがうれしい。牡蠣のほうは、今回はピリっとチリ味を選んでみました

xmasgohan2

左上が、今回の調理に使用した山のギア。じつのところ、シェラカップとトランギアがあればOKです。コッヘルのフタは皿代わりですので。右上の写真はビスコット持ち運びのコツ。小さめのジップロックに必要分を詰め込んで、コッヘルに入れておけば割れて粉々になる心配もなし。左下は各素材のパッケージ。どれも、スーパーや輸入食材店に行けば手に入れやすいものばかり。右下がこの料理の最大のポイント。牡蠣をつけ込んでいたオイスターオイルを余すことなく使うことです。なのでオリーブオイルは少しで大丈夫。最初にニンニクの香りを引き出すのに使うくらいで

xmasgohan3

アツアツの牡蠣のフォンデュをどうぞ! いや、マジでヤバいです。オーイ、ワイン持って来て!! ってなくらい。このオイルフォンデュのいいところは、火から下ろした後でも十分に楽しめるところ。アヒージョ風にしっかりと煮込んじゃってもオイシいですよ

 手間ひま掛けずにオイシいゴハンをササッとつくる。これ、山ごはんの基本です。

 クリスマス直前ということもありますので、山で仲間たちとワイワイしたい人にお勧めのアキママ・レシピをひとつご紹介します。

 名付けて、スモークドオイスター×ビスコットのあつあつフォンデュ。

 フォンデュというからには、グツグツと煮え立つ鍋に好きな具材をプスッと入れて、アチチッと食べるアレですが、じつは山でも簡単にできちゃうんですよね。

 今回用意したのは、最近よく目にする牡蠣のオイル漬け缶詰とビスコットです。ビスコットとはフランス語の呼び名で、パン生地を2度焼き上げてつくるミニトーストのこと。言葉の響きが少しオシャレですが、ようはプーレン味のラスクみたいなものです。

 そして、ニンニク一欠片に、オリーブオイル、塩を少々、プラス、コショウを二粒くらい。お好みで、生野菜とかチーズなんてあってもいいかもしれません。

 こちらを平たいコッヘルにささっと並べて、シェラッカップとストーブを用意すれば、準備完了。

 フォンデュは弱火でグツグツが基本なので、ストーブは、トランギアなんかのアルコースストーブがいいかも。柔らかな炎の揺らめきは、クリスマスっぽい雰囲気にもなりますよね。
 
 さて、調理は簡単です。というか、調理とも言えないくらいです。まずはトランギアに着火。炎が落ち着いたらシェラカップを置いて、オリーブオイルを注ぎ、薄切りにしたニンニクを投入します。そして、牡蠣の缶詰からオイスターオイルを注ぎましょう。お好みで潰したコショウをハラハラと。

 あとは、食べたい具材を選んで、じっくりとオイルに浸し、アツアツを口の中へと放り込みましょう。これで、コンプリート。濃厚なオイルを吸ったビスコットなんて、もう絶品です。

 ただ、ひとつ注意をしたいのは、グツグツのし過ぎ。やはりオイルですので、熱し過ぎるとボンッと破裂しちゃいます。そんなときは慌てずに、シェラカップを火から下ろしましょうね。

 このあつあつフォンデュ、シェラカップひとつで簡単にできちゃいますので、ぜひお試しを。いつもとはひと味ちがった山ごはん、クリスマスバージョンということで、お二人でどうぞ!! 

 あ、間違いないくワインが進みますが、山での飲み見過ぎにはご用心。

                   

■アキママ・レシピ ver.01
スモークドオイスター×ビスコットのあつあつフォンデュ  
材料(2人分/例)
牡蠣のオイル漬け缶詰……1缶(味はお好みで)
ビスコット……40g(フランスパンでも可)
ニンニク……一欠片
ミニトマト……2個
チーズ……2包装
オリーブオイル……少々
塩……少々
コショウ……2粒

つくり方
1.各食材を食べやすい大きさにカット。皿に並べておく。
2.シェラカップにオリーブオイルを注ぎ、ニンニクを入れる。
3.牡蠣の缶詰からオイルをプラス。塩、コショウで味を整える
4.オイルがグツグツと煮立ったら、フォンデュタイムのスタート!!
5.好きなだけ、食べちゃいましょう

使った調理器具
トランギア(アルコールストーブ)、チタンゴトク、シェラカップ、箸、コッヘルのフタ(皿として使用)

 
 
ライター
tetsu

山岳•アウトドア関連の出版社勤務を経て、フリーランスの編集者に。著書に『テントで山に登ってみよう』『ヤマケイ入門&ガイド テント山行』(ともに山と溪谷社)がある。

line_box_foot