• ごはん

【おうちスキレット】仕事終わりのビールと相性抜群!「ゴーヤとベーコンのソテー」

2020.06.01 Mon

小雀陣二

小雀陣二 アウトドアコーディネーター

 ダッチオーブンとは鋳鉄製の重厚感あるフタ付き鍋のこと。

 西部開拓時代を舞台にした米国のテレビドラマ「大草原の小さな家」や、西部劇映画の食事シーンにはかならずといっていいほど登場する黒い鉄の調理器具で、見覚えのある人も少なくないでしょう。

 外出が制限されるこの時期、「使ってみたかったけどなかなか機会が…」という声も聞こえてくるダッチオーブン使って、自宅料理を楽しむレシピを定期的に紹介していこうと思います。
 初回に続き今回もダッチオーブンの1種である「スキレット」のレシピをお届け。写真はスキレットの代名詞である「ロッジのスキレット」ですが、フライパン感覚で簡単に使えて失敗が少なく、食卓にそのままサーブすれば“キャンプ感”も演出できる名品です。夕飯の1品をスキレットを使ってお父さんが担当してもいいいと思いますよ!
 
 「じゃあこれを機会に導入してみよう」という場合は、4〜5人で囲むなら10インチ、2〜3人なら9インチのスキレットがオススメです。
 

第2回:ニンニクをしっかり効かせて!
ゴーヤとベーコンのソテー ★調理10分

[ 材料 ] 4人分
ゴーヤ...1本(または小2本) ブロックベーコン...200g ニンニク...ひとかけ オリーブオイル...大さじ1 塩...適宜 ブラックペッパー...適宜

[ 使用する主な調理道具 ]
スキレット、ガスコンロ

[ 作り方 ]
1、ゴーヤを縦半分にカットし、スプーンなどで種を取りのぞく。2cm幅でカットし、塩大さじ1を絡めておく。
2、ベーコンも厚めの2cm幅にカット。ニンニクはヘタを落とし、包丁の面で潰して皮と芯を取りのぞく。
3、スキレットにオリーブオイル、ニンニクを入れて中火で熱し、ベーコンを少し焦げ目が付くぐらいまで炒める。
4、軽く水で洗ったゴーヤを加え、全体がキツネ色に焦げ目が付くまで炒める。
5、塩で味を決めて、仕上げにブラックペッパーをたっぷり振ればできあがり!

 ゴーヤの苦味とベーコンの塩味、ニンニクの香りが三位一体に。おいしくないわけがありません。

 夏野菜の代表選手のように、すっかり日本全国で食べられるようになったゴーヤ。歯応えを楽しむため厚めに切りますが、塩をしっかり絡めておくことで多少苦みを減らすことができ、慣れない人でも食べやすくなります。

 また、同じく厚切りにしたベーコンも同様にしっかりと炒めてきつね色になるまで焦がすこともポイントですね。香ばしい夏の味をほおばってみてください。

 スキレットは、鋳鉄製という素材と、肉厚構造がもたらす蓄熱性の高さが道具としての持ち味。重量があり家庭用のフライパンのように気軽に振ることはできないですが、素材にしっかりカリッと火を通したり、弱火でじっくりと焼き上げたり、あるいは余熱で調理するなど特性を生かした調理方法が多数あります。

 次回もまたスキレット料理をご紹介します!

(レシピは小雀陣二さんの書籍『キャンプ料理の王様』より引用しました。写真=亀田正人、編集=福瀧智子)

Latest Posts

Pickup Writer

ホーボージュン 全天候型アウトドアライター

菊地崇 a.k.a.フェスおじさん ライター、編集者、DJ

高橋庄太郎 山岳/アウトドアライター

森山伸也 アウトドアライター

Muraishi Taro アウトドアライター

森 勝 低山小道具研究家

A-suke BASE CAMP 店長

中島英摩 アウトドアライター

麻生弘毅 アウトドアライター、編集者

小雀陣二 アウトドアコーディネーター

滝沢守生(タキザー) よろず編集制作請負

宮川 哲 アウトドアライター、編集者

林 拓郎 アウトドアライター、フォトグラファー、編集者

藤原祥弘 アウトドアライター、編集者

ふくたきともこ アウトドアライター、編集者

北村 哲 アウトドアライター、プランナー

渡辺信吾 アウトドア系野良ライター

河津慶祐 アウトドアライター、編集者

Keyword

Ranking

Recommended Posts

Akimama公式ソーシャルアカウント

# キーワードタグ一覧