line_box_head

かかとを上げて、
バックカントリーへの一歩を踏み出そう!

(2013.02.04)

アウトドアのTOP

icon

画像

テレマークスキーは後ろ足の踵を浮かせる独特のポジションで滑る。初心者も1から教えてもらえる無料の体験講習あり

画像02

国内外のフリーヒールスキーが勢揃い。来期のニューモデルをいち早く試乗できるのも魅力。ウエアの試着なども可能だ

画像03

土曜の夜は「てれまくりナイト」。地元の酒とおいしい料理。豪華景品も山のように用意される

 テレマークスキーとAT(アルパインツーリング)スキーは、ひと言でいえば「歩けるスキー」だ。どちらも踵が上がるから、両方まとめて「フリーヒールスキー」なんて呼んだりもする。このフリーヒールスキーの日本最大のお祭りが「てれまくり」。7回目となる今年は、長野県の黒姫高原スノーパークで開催される。

 テレマークもATも自然の山、バックカントリーでこそ真価を発揮するスキーだ。っていうか、スキーでバックカントリーを目指すなら、このどちらかを選ぶのがもっとも手っ取り早い。

 でも、正直なところ、どちらも始めるにはちょっぴり敷居が高い。道具は高いし、そもそも何を選んだらいいのか分かりにくい。専門店はなんだか入りづらいし、スタッフにも何を聞けばいいのやら。バックカントリースキーをやってみたいけど、どこから始めればいいのか分からない。てれまくりは、そんな人にこそおすすめしたいイベントだ。

 週末の2日間はコンテンツも盛りだくさん。ニューモデルスキーの試乗やワークショップ、無料体験講習も行なわれる。多くのトップライダーが参加するし、国内でフリーヒールスキー関連の道具を扱うメーカーのほとんどが出展するから、そのスケールも体感できる。初めて体験するなら、これ以上の場所はない。

 フリーヒールスキーの楽しさを知る絶好のチャンス。おもしろそうだなと思ったら、踵を上げて、ぜひその一歩を踏み出してほしい。

「てれまくり2014」
日程:2013年3月2日(土)〜3日(日)
開催地:黒姫高原スノーパーク
くわしくはコチラ

 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot