line_box_head

「第二次火起こしブーム」到来。今回のトレンドは「その辺のもので火起こし」だ!

(2015.09.21)

アウトドアのTOP

icon

画像01

 近ごろ、アウトドア界で世界的にブームになっているのが「火起こし」。

「え? 火起こしなんて誰でもキャンプの度にやってるし、焚き火は野遊びの不動の王様だよね」
と思ったあなたにはノンノン!

 今回ブームになっている「火起こし」は「着火」ではなく「発火」。そう、ライターなどの道具を使わずに火を起こすほうなんです。

 日本に「火起こしブーム」が到来するのは、実は今回が二度目。一度目が訪れたのは90年代後半のこと。三内丸山遺跡の発掘・復元とともに日本で盛り上がった「縄文ブーム」がきっかけでした。

 課外授業や野外活動では、縄文時代の習俗を学ぶコンテンツとして「摩擦式発火法」が取り入れられ、この時代に小学生だった人は、実際に体験した人も多かったのではないでしょうか。

 その後、火起こしは総合学習などに取り入れられ「誰にでも火が起こせる」効率重視の教材が普及。しかし、その結果火起こしは「火が起きやすい教材を使わないと成功しない難しいもの」にもなってしまいました。

 便利な火起こし具の普及とともに、火起こしにおいて重要な、使う木の材質や熱についての知識などが置き去りになってしまったのです。

 それから20年。今回の火起こしブームの火付け役となったのは、世界的に愛好家が増えてきた「ブッシュクラフト」でした。ブッシュクラフトとは「少ない道具で野山に入り、野山の産物で命をつなぐ生活技術」とでもいえばいいでしょうか。減らした道具のかわりに、知恵と知識で補う、という思想に基づく野外活動です。

 ブッシュクラフトを初めて耳にした人は、YouTubeを開いて「bushclaft」で検索してみましょう。世界中のむくつけき男児が投稿した、ワイルド自慢動画を数多く目にすることができます。そして、これらの動画のなかでも人気のコンテンツが「発火」となっていることに気づくはずです。

 数ある発火方式のなかでも、いちばん実用的でスタイリッシュなのが「野にあるもの」だけで火を起こす「錐揉み式発火法」。いくつかある摩擦式発火法のなかでも必要な部材や道具が少なく、慣れれば素材集めから発火まで20分程度でこぎつけることができます。

 それでは、順を追って学んでいきましょう!

1 2 3
 
 
ライター
藤原祥弘

野生食材の採集と活用、生活技術につながる野外活動などを中心に執筆とワークショップを展開。twitterアカウントは@_fomalhaut

line_box_foot